« 今日も元気に不健康 | トップページ | 例会記録(11/12) »

2005年11月11日 (金)

コンピュータゲームのRPGについて

今まで何度かオールドゲームの話をしたが、実際に自分で所持していたものは少ない。幼稚園や小学生の時代、大半は友人や従兄弟の家で触れたもので、RPG系統は知人のクリアしたもの(消えても良いと言われたもの)をかりてやる程度だった。自分で買えるゲームは誕生日に一本だけだったし、お年玉はPC購入を目指して貯金してたし。その中でFF3やロマサガ1なんか穴のあくくらい見つめてた気がする。それはさておき。

そんなこんなで自分で初めて買ったRPGってスターオーシャン(SFC)だったりする。

ルドラの秘宝とかは高校に入ってから中古を色々買いあさったので、SFC現役期にはほとんど買えてないんだよなぁ。ファミコン時代は年に一本くにおくんシリーズ買って終わりだったし。

というわけでそんなスターオーシャンで起きた悲しい出来事をば。

ゲーム序盤、魔物により父親殺しの汚名を着せられた女騎士を助けるために魔物を追い洞窟に潜る場面がある。この間はシナリオの都合上町に戻ってアイテムを調達することができないわけだ。

回復アイテムも尽きかけてきた頃、敵の投げてきた剣に仲間三人が運悪く複数回あたり倒れ、主人公だけになってしまった。主人公のHPも残り2/3くらいだったので、何か回復アイテムがないか探してみたところ、一つだけ、「使用可能な」アイテムがあった。倒れている仲間に使おうとしたが、やはり無理だった。意を決して主人公に使ってみた。

主人公は倒れた。

そのアイテムを「マンドレイク」という。

まぁ、小学生の自分にマンドレイク=マンドラゴラっていう考えは浮かばなかったわけで。

初めて買ったRPGの初めての全滅が自殺によるものだったという悲しい経験の話でした、と。

そんなこのゲームが大好きです。

|

« 今日も元気に不健康 | トップページ | 例会記録(11/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/7039723

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータゲームのRPGについて:

« 今日も元気に不健康 | トップページ | 例会記録(11/12) »