« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

某二日目

TRPG系の書籍をそれなりに買い込む。あとSTG系とか。

某GNYO LINUXも購入。プログラム系は前に見たDirectXのライブラリとか見つからなかったのであきらめる。PC98関連のも売り切れていて残念だ。見本誌しかなかった。

自分のPCが手元にないので買ったものに関しての詳しいレポートは後日。

その後カラオケ。

数人でみこ巫女ナースを絶叫。濃ゆい。そして無駄に熱い。N氏とサウンドホライズンを語りを含めて歌う。N氏クオリティタカス。

ROSIERは東京メンツだと定番だなぁ。

そして東京の知人連中と飲み会。いち早く倒れた㌦氏にU氏が羞恥プレイを敢行。正直ちょwwwおまwwww

疲れたのでここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日目

企業ブースでむげファンのファンブック(リプレイ、SS集)を買う。企業ブースにもかかわらず恐ろしく空いていた。TRPGとかPBW目当ての人って(予想通り)少ないんだなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

明日から

東京行きです。きっと氏宅とかU氏宅にお世話になると思います。

冬のアレは今年はTRPG系を中心に適当に見て回った後音楽系見る感じかな。後はちらほら毎年でてるプログラミング系の読み物とかツール出してるところも見て回るかも。

戻ってくるのが31日なので更新はたぶん今年最後ですな。

その後家族で温泉にでもでかけるので1/3くらいまでは更新無いと思いますよ。たぶん。

帰りの新幹線から見える景色が軒並み雪景色だった罠。それどころか関ヶ原の辺りではガンガン雪が降ってるし。線路まで積もってる辺り、遅れが数分で済んでるのが凄いなと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

しゅーてぃんぐ2

昨日紹介したKaGUYA、パワーショット近接武器を使ってみたら1ミスのみでステージ1をクリア出来た。おちついてやればそれなりにうまく行くものだ。

やっぱりあたらしいゲームをやるときはシステムの理解が重要だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

しゅーてぃんぐ

KaGUYAなるシューティングゲームの体験版をDLしてやってみた。

ヘタレゲーマーには難しいですよ。システムの理解をしてやらないとなかなか。

とりあえず初プレイでステージ1をクリアするのに3回もコンテニューしてしまった。中盤のデカキャラ相手に2度、ボスで1度と。

パワーショットはノーマルショットでしかできないと思いこんでいて暴走モード時の延命とか緊急回避にしか使えてなかったのだが、偶然だした近接攻撃のパワーショットでボスを瞬殺できてしまったときは、ポカーンと。一瞬何が起きたか分からなかった。

パワーアップするまでは慎重にいかないと即座に暴走して30秒しか行動出来なくなってしまう(それでも暴走時は強いのだが。)ので、いつ暴走させるかとかこの間はこう動いてよけるとか色々考えることは多そう。

あたらしいゲームをやるときはシステムを頭に叩き込まないとろくにできませんな。

完成版をやりたいゲームの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本ばとん

読書ってここ数年ほとんどしてないなぁ。

何しろ今まで読んだ本って大半小学生や中学生の時。

遊ぶ人がいないときは図書館に入り浸り、無理に字の難しそうな本ばかり選んで借りてた。内容を読むのが目的ではなく、分厚くて難しい本を読み切ったという達成感が欲しかったんだろうな、今思うと。周りの奴らとは違うんだ、と言う飾り、箔が欲しかった感じなんだろうなぁ。

そんな小、中学時代を過ぎ、自分の周りの友人がほぼ総替えになった瞬間からほとんど読書をしなくなったか。あぁ、ここの人たちは自分の話すことを理解しようとしてくれる、そんな風に思えてから本を読むより気の合う奴と話しをする方が面白くなったね。元々純粋に本を読もうとしてたわけじゃなくて、周りと壁を作るためという側面が強かった読書をすることは、人に勧められることがない限り無くなっていったか。

いわゆる文学作品は小、中学時代にかなり読んだ(と思っている)ものの、内容は全く覚えていない物も多く、ただ字面を追っかけてただけなものがほとんどだったし、今読んでみると印象が全く違うんだろうなぁ。

と前置きが終わったところで本題。

ドビ氏の所からブックバトンなるものがまわってきた。持っている本について語ろうというもの。質問は以下の通り。

  1. 持っている本の冊数
  2. 今読みかけの本 or 読もうと思っている本
  3. 最後に買った本(既読、未読問わず)
  4. 特別な思い入れのある本、心に残っている5冊(要するに思い出せる本)
  5. 次に回す5人・・・

それでは答えてみよう。

持っている本の冊数

アパートの自分の部屋には200冊くらいか。実家には後数10冊程度。持ってる本はそんなに多くない。

今読みかけの本 or 読もうと思っている本

読みかけの本か…大学入ってから買った専門書の類の大半。なんというか、最後までやる気が持続しない。この手のものは高校の時に買ってたのはちゃんと読んでたのに。

最後に買った本(既読、未読問わず)

レンタルマギカ(三田誠)

特別な思い入れのある本、心に残っている5冊(要するに思い出せる本)

坊ちゃん(夏目漱石)
生卵を投げつけるラストシーンは幼心にもの凄く印象的だった。

高校の時の世界史の資料集(出版社、作者忘れた)
暇さえあれば眺めてた。受験勉強という名の娯楽作業。

時空のクロスロード(同じく忘れたが電撃とか角川スニーカーとかドラゴンとかあの辺りではなかったか)
高校の時に友達に貸し付けられたもの。高校名こそ違うものの高校の周りの地名があちこちにでてきて印象に残った。

死に至る病(キルケゴール)
中学の時興味を持ち図書館で読むのに挫折したことが思い出深い。

嘔吐(サルトル)
同じく中学の時興味を持ち図書館で読むのに挫折した。確かあのころ、テレビ適当につけたらNHKで実存主義哲学についてやってたのを見て興味を持ったので読もうとしたんだったっけ。

次に回す5人・・・

思い当たる方、ネタの無い方適当にどうぞといってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヴ(サークル活動録)

24日はクリスマスイヴとかで浮かれる前に土曜日である。

土曜日、すなわちサークル例会or集会。

ということで集会に参加。

卓立て宣言のでた卓は以下の通り。

  • カオスフレア(サンプルシナリオ1)
  • ガンドッグ(VARIANTを使用したバイオハザード)
  • ソードワールドファンドリア(依頼達成モノ)

人数があまり集まらなかったので、この中でカオスフレア、ガンドッグの2卓だけ立ちました。

と言うことで僕はガンドッグに参加。

パーティー構成は

  • 社長令嬢というか大会社の社長(コマンダー/オペレーター)
  • そのチャーター機のパイロット(パイロット/メディック)
  • ボディーガード、用心棒をやっていた少年(アサルト/アサルト)
  • ロシアンマフィア?の首領?で一人称はまろ(スナイパー/アサルト)
  • 元ボディーガードで料理人(スカウト/グラップラー)

チャーター機のパイロットをやっていた人が味出しすぎ。「え~、トラブルが、起きたみたいですね(かなり人ごとっぽく。)」等々、淡々と危機的状況を説明する様子はしゃべり方も相まってかなり味があった。

どーせゾンビばかりだからと思って油断してたら死にました。ブーステッドマンのカウンター痛い。knockdownで気絶させようとして返り討ちに。これはバイオハザードである前にガンドッグであるということを忘れてしまっては駄目ですな。致死判定で10面体2個降って合計値が3以上で生き残れたのだが、1ゾロを出す始末。まぁ、パーティ内で死亡者は僕のキャラクターだけですんで何より。

クライマックスでは、「動くな!」と侵入してきた特殊部隊を見るやいなや自称素人の社長令嬢(コマンダー)が陣形を整えさせ、そのたぐいまれなる戦術能力で味方に先手を取らせ、一人称まろのロシア人の巨漢が即座にショットガンでまとめ打ちし敵リーダーを一撃で瞬殺、残った敵を、これまた巨漢の少年?が拾いもののハンターで殲滅。

どこの特殊部隊?

とまぁ、緊張感のあるシナリオでかなり楽しめました。

ガンドッグがおわったら(20時くらい)夕食を取った後、集会で卓成立しなかったファンドリアのシナリオを遊んだ。薬を仕入れるのに値切ったり、薬買い占めを行っている団体と衝突したり、闇市の怪しげな商人と怪しげな交渉をしてみたりと色々なことをやれて楽しかったですね。
気がついたら交渉役をやってた結果パーティーリーダーみたいなことをやってました。

こちらの方のパーティー構成は

  • ドワーフの鍛冶屋、89歳にして唯一の作品を持つ。ステータスがのきなみ6の倍数-1のかなり高いステータスを誇る。(ファイタープリースト)
  • 言動がシーフのような人間のソーサラー、闇市でのメインの交渉役?(ソーサラーセージ)
  • 京都弁のヴェーナー神官兼盗賊。交渉補助。シーフ事情に疎い。(プリーストシーフ)
  • ファンドリアに辿り着いたのらエルフ。人を見ると食べ物をねだるが実はパーティーの一番の知力を持つ。(シャーマン)
  • 傭兵生まれ。人に恨まれることを極度に恐れる。(ファイターセージレンジャー)

と言った感じです。所持冒険者技能に関してはレベルも覚えてない上にけっこうあやふやです。

最近はキャンペーンが多かったので久し振りの初期作成でした。あのランダム要素たっぷりなキャラ作はもりあがっていいですな。

一日2セッションもできて満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男達の大和

23日はサークルのOBの人の呼びかけで、数人で男達の大和を見に行った。

1時梅田集合で行ったものの、上映時間が、13:00、14:45、16:00、19:20となっており、14:45を見ようとしたものの、前売り券と座席券の交換の関係上、混んでいたため16:00を見ることになった。

前半部分はわりとドキュメンタリーみたいな感じ。中盤や後半は結構引き込まれていくものがある。演出面で細かい突っ込みどころはあるもののかなり楽しめた。

が、負け戦で一方的にやられ続けるのを見て耐えられる人じゃないと結構最後まで見るのがきついかなと思った。人によってはそのような戦闘描写よりも血に染まった死体をざっと写してる場面とかもきつそうだ。

夕食時に「ヨーグルト専門店」なる所に入ったのだが、「明治ブルガリア」というロゴを見つけしょんぼり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

CDショップ

近所のCDショップでSoundHorizonのDVD初回盤を予約。

言ってみればできるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・雪

今日は午前中かなり雪が降った。

教習所の技能教習が休みになった。

よ…予約がorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪が降ってきた

メッセで雪が降ってきたという話を聞き、外を見るとまだ降っていなかった。

しばらくして外を見てみると結構降ってきたばかりか道路も白くなっている。今年はこちらでもホワイトクリスマスって言うのかね。
snow
しかし、あした(12/22)は教習か…。雪降らないで欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

poca felicitaが届いたよ

Sound HorizonのRevo氏が楽曲を担当している、GUNSLINGER GIRLのイメージアルバム、poca felicitaが届いた。原作をしらないが、Revo氏の楽曲ということで買ってみた。

一聴した感じ、無難な楽曲構成で、期待をぶち抜く曲がないなぁと思っていたのだが、改めて聴いてみると、明るいメロディの中に楽曲を通して感じられる「空虚さ」にうたれるものがあった。この人の楽曲はSoundHorizon名義で出しているものでも感じられるのだが、そのあたりの「虚」の絶妙さがいつも凄いと思う。

好きな楽曲は6曲目。ベースのイントロからして気に入った。アコースティックベースいいなぁ。他にも、ジャズ調に5/8,6/8と変拍子を繰り返してくれるだけでお腹いっぱいです。単に11拍子なだけかも知れないけど。次点で1曲目と5曲目。1曲目はシンフォニックハードと言った感じ。ヴォーカルも相まって雰囲気が素晴らしい。5曲目はアニメ声なVoと明るさと空虚さを併せ持った楽曲が独特な雰囲気を醸し出している。ナレーションを入れるタイプの楽曲ではこのアルバムの中で一番成功しているのではないか。ナレーション部分での変拍子も好き。

Elysion -楽園幻想物語組曲-に比べ、面白かったり壊れたりしているわけじゃないけど、軽い鬱状態に突入出来そうなすごみがあるなと。

とりあえず、意識して聴こうとしないと歌詞が右から左なので、その辺りを含めた感想は後ほど書くかもしれない…し書かないかも知れない。

…追記
1曲目と11曲目のVoの人の高音の響きがきれいだなぁ…。

僕はこのアルバム凄い好きだけど、激しく聴く人を選ぶと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がついたら

そろそろ冬休みですな。

大学3年目にして始めてクリスマス前から休みが始まるなんて予想だにしていなかった。普通に来週も学校あると思ってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

がくがくぶるぶる

暖房を22℃設定にしたところ、室温が15℃まで上がった。カーペットをつけたら16℃まで上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

てすと

半分ほどさらりと間違えた。

テスト終了後すぐにやったら簡単に解けた。

期末をがんばろう。うん。これ必修だった気もするし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんぱいら

今日は言語処理工学Aのテスト。

正準LR(0)集成からLRオートマトンを作成して構文解析表を作るあたりで微妙に怪しいところがあるが何とかなるだろう。もう寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

モチベーション

といっても自分のモチベーションでなく。

ストーリー物のゲームをやるにあたり、キャラのモチベーションを把握出来ないゲームってやる気が失せてしまう。実際に行動をするのはキャラクターだが、キャラクターに行動を起こさせるのはプレイヤー。「この状態の主人公ならこういう行動をするだろう」と予測を立てて選択肢を選ぶのだが、その後にキャラクターが実際に取る台詞が今までのモチベーションとかけ離れた物のように感じられるときは何とも言えない脱力感に襲われる。

キャラクターの台詞がただ矛盾してるとか整合性がない程度ならなんとも思わないが、選ばせた選択肢と整合の取れない行動だけはして欲しくない物だと思う。それなら最初から選ばせないで一本道にしてくれと思う。

そういうところのセンスがあるなと思うのがサガシリーズかな。選択肢を選んだところで実際にそれをするかどうか動かすのがプレイヤで、少なくともプレイヤの把握しているキャラクタとの不整合は起きないし、喋りすぎるキャラクタはいない。ドラクエなんかは特に顕著でキャラに喋らせないことでこの問題を解決している。

タクティクスオウガのように、一つ一つの選択肢が重く、かつそれがキャラクタの行動指針になると言うのもプレイヤのモチベーション把握との乖離は少ないと思う。

前ふりが全然纏まってないが、本題のTRPGシステム作成の話へ。

システムを作るに当たって、いかにプレイヤのモチベーションを保たせるようにするかという話。

キャラ作成の際に、そのキャラクタの方向性を大きく決定づけてしまうようなライフパスを与える、つまり、キャラ作の段階で背景設定を自動的に決まるようにしてしまうと言う方法を考える。こうすることでプレイヤが、キャラクタのシナリオに参加する動機についてある程度把握する。ここでGMが決めてきたシナリオの枠に絡ませることができれば、「なぜこのキャラクタはこの依頼をうけなければならないんだろう?」とプレイヤ自身が自キャラの行動に疑問を持たなければならなくなることが少なくなるはず。

この方法の問題点と言えば、キャラ作の時点で決まってしまった背景設定にプレイヤが納得のいかない場合も多いこと。設定とか考えるのが好きで自分で作ってしまいたい人にはあまり向かないと思う。

他に、どのようにすればシステム面でプレイヤ、キャラクタ双方のシナリオに対するモチベーションを保たせることができるだろうか。

思い浮かばないので保留。

せめて世界観とか背景設定とかはしっかり作らないとなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

どりぃ~む

ドビさんちから夢バトンなるものがまわってきた。

質問は、以下の通り。

  1. 小さい頃、何になりたかった?
  2. その夢は叶いましたか?
  3. 現在の夢は?
  4. 宝くじ3億円当たったら?
  5. あなたにとって夢の様な世界とは?
  6. 昨晩見た夢は?
  7. この人の夢の話をきいてみたいと思う5人は?

ということで順に答えてみよう。
小さい頃、何になりたかった?

小さい頃何になりたかったか…か、いろいろあったなぁ。
幼稚園年少時代…漁師。父親が漁船で漁をしていたのであこがれて。漁師ですが船の機関部の担当もしてたようなので漁師と言うよりは機関士らしいです。でもまぁ、あこがれていたのは漁師です。

幼稚園年長から小学校中学年…ピアノにはまって、芸術家になりたいと思っていたことも。とか思いつつも毎日練習はしたが20分以上やることはまかり間違ってもなかったと記憶。

小学校中学年~高学年…今まで使わないで溜めていたお年玉でPC98を買い、その時に情報収集で読んでた月刊PCとか、ログインSOFCOMとかの読者投稿ページの編集者コメントにあこがれて編集者になりたいと思ったことも。

中学生以後…プログラミングにあこがれ、開発者というものになりたいと漠然と思う。

高校生…趣味でプログラミングをはじめ、色々勉強する。一番やる気のあった時期

大学…専門で来たものの、なにをやろう?

その夢は叶いましたか?

夢って叶ったと思った瞬間終わってしまうんですよ。

現在の夢は?

朝起きたら食事が用意されていて家に帰ると食事が用意されている環境を得ること。

宝くじ3億円当たったら?

家と土地を買って(6000万以下)一月の生活費を5万で換算して年間60万(あと70年生きるとして4200万)でトータル一億円強を考えるか、家を買わずにアパート暮らしなら、一月12万で計算して年間170万前後(70年として)一億千万強確保しておき、一億円で部屋の掃除したり料理してくれる人を雇える期間だけ雇う。残りの一億円弱は予備費。

あなたにとって夢の様な世界とは?

好きなときに好きなだけ眠れる世界。

昨晩見た夢は?

最近多いんだが、ひたすら眼鏡をつけたり外したりする夢。

この人の夢の話をきいてみたいと思う5人は?

私には夢がある!と言う方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

めーがす

色々と勝手に刺激されて以前アップしたmagusを作り直し中。

ソードワールドみたいな簡単さを目指しつつも、詠唱時間とか魔法完成時間の駆け引きは魔法RPGを謳っているわけなので欲しいのです。結局それなりに重いシステムになる気がしないでもないですが。行動を選択して、詠唱時間後に発動。リソースは時間。支援行動はたくさん取れるが回復方法は無し。とりあえずこんな感じの戦闘システムになりそう。

以下メモ

  • HP、MPの存在意義について
  • 魔術師らしさって何?
  • 魔術師を真実探求者であると言ってしまうのであれば攻撃魔法って護身用か研究の過程の副産物でしかないような
  • 攻撃のための攻撃魔法は…国家に対する売り物にはなるか
  • 魔法を魔法らしくするためにどうするべきか。

探索ルールの変わりに便利系魔法いっぱい作らないとなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

じょぎんぐ

しばらく放置してた自動車教習所に急いで駆け込んだときに運動不足を痛感したのでジョギングを始めることにした。とりあえず今日はアパート周辺を25分ほど軽くジョギング。戻ってきてすぐこれを書いているのだが、内腿がガクガク震えてる。うん、運動不足だ。

まぁ、今日一日だけ、しかもこんな少しだけ(4キロ弱くらいか)走ってもあまり意味がないので続けようと思う。レポ提出前日とかみんなで遊びに行っているときは除き、ほぼ毎日走るようにしないとなぁ。体重も微妙に増えてたし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ヴァルキリー

ぷろふぁいる!

ヴァルキリープロファイル2:シルメリアとヴァルキリープロファイル:レナスの発表がされたそうな。AAA信者としては凄い楽しみ。

とりあえず、リメイクもののレナスの方も購入確定。せっかくのPSPあるんだから有効活用しないと。

とりあえず音楽は期待。また桜庭氏の担当であることを期待しつつ。また桜庭氏はライブやらないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

メガ!

テン!

と言うことで最近( ^ω^)ブーンが悪魔召還プログラムをダウンロードしたようです。を読んでます。

一本一本は大して長くないので作業の合間にちまちま読んでます。メガテンとかまともにやったこと無いわけですが。ネタ分からなくても読めると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

プログラム

レポートで提出したプログラムを作成中、こんな非効率なやり方で進めると後々めんどそうだなぁと思いながら作成していたわけだが、レポートを提出したことを期に、全面的に書き直すことにした。

構文解析、意味解析でチェックしなければならないもの以外のものも全部チェックしてしまうため一つの動作をするのに要素数が膨大になり、非効率なことこの上ない。

それ以外にも気分によって色々書式が変わっていたり、最低のコードだと思える。

最近何をするにもやる気がなかったので無理にでもこれはきれいにしあげないと。

最低限エラーメッセージの出力があちこちに分散しているのはどうかと思ったのでそれは直そうと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PDF形式で出す

予定のレポートを誤って印刷してしまった。

まぁいいか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

winampで

wimampのMediaLibraryにあるOnlinMediaの項目の所にSHOUTcastTVというものがある。

ここでanimeで検索をしてみたら魔法陣グルグルがストリーミング再生されていた。ノコギリ山とか懐かしくてつい見入ってしまった。ところでこれ、著作権的に結構まずいよなぁ。

英語圏のサーバで運営されているらしく、OPやEDの歌詞に英訳の字幕がでるのだが、英訳の他に、日本語のローマ字表記も併記されているのが面白かった。カラオケのようにメロディーを追ってローマ字の色が変化していく感じ。訳文を詠みながらアニメを見ていると、海外の人はこの分をこういう言い方するんだ、ていうのが見えてきて面白い。

まぁ、切ない が sad で訳されていたのはちょっとなぁ、と思ったが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

お前の後ろを体育座りで泣くまで追い掛けたい位に愛しちゃってんだよバトンって何よ

なにやら彼方氏のところから凄いバトンがまわってきた。何が凄いって、日本語が。多くの人に回る質問文なのだから括弧笑い括弧閉じとか、ね?ね?とかやめた方が良いと思った。

あと、この文章を見て、「~ですかね?」って言葉を使うのをやめようと思った。それはさておき答えてみよう。

以下質問リスト

  1. 一番初めに道を踏み外した具合に変態的な愛を送ったキャラは?
  2. こんな物で妄想爆発してしまった・・・!と言う苦い経験を語れば良いではないか!!
  3. 今までのヲタ人生で「あ~自分社会復帰とか良いですわ」と思った瞬間は何時ですか?
  4. 実際妄想の世界に何泊可能ですかね?
  5. つーか普通に異性の話をしてると恋人候補に二次元の方上がったりしますよね?ね?で、因みに誰?(笑)
  6. 確実に行き遅れる自信のあるヤツァ手ぇ挙げやがれ!!そして開き直りの一言を述べよ!!
  7. バトンを押し付けられそうな素敵なおホモ・・・ノン!お友達を二人とか五人とか・・・もう何人でも良いから上げようぜ!晒そうぜ!!

ここまで

一番初めに道を踏み外した具合に変態的な愛を送ったキャラは?

道を踏み外したと自覚するということは変態的な愛を送ったことを後悔している人前提なのだろうかとどうでも良いことを気にしてしまう。ポジティブに考えるなら、「新たな道へと踏み出した」ということになりそうだし。

結局僕の場合はなんなんだろうなぁ。単に好きなキャラというのは一杯いるが、愛を送ったキャラとなると、なんだろう。GiltyGearのチップとか好きなキャラだが、あれ以上に「愛を送った」キャラクターって異性キャラではいない気がする(同性にも当然いない)。

あえて挙げるとするなら、最初に「好き」になった異性キャラクターって、奈留(何か)かな。中学3年から高校1年くらいの時だったと思う。むささびさんのサイトの定例チャットで「何か」が話題に軽く出たことがあってそのときに適当に調べて導入したものだった。

いわゆる「萌え」というものに出会ったのは中学の修学旅行の時なんか知人がゲーマーズでグッズを買ってきたのを見たのが最初だが、自分で踏み込んだのは「何か」が最初だと思うな。小学校の時から「好きなゲームメーカーはエルフ!」と豪語する知人もいたので、そういうネタは知らなかったワケじゃないが、今みたいな「萌え」とは違う気がする。と話題が変わりかけているのでここまで。

こんな物で妄想爆発してしまった・・・!と言う苦い経験を語れば良いではないか!!

現実を直視した上で妄想するので抑制がかかり爆発したことは記憶にないな。しかし町中で萌えについて語ったことについては周囲の人間に痛い目で見られるという点で爆発したのかもしれないな。

今までのヲタ人生で「あ~自分社会復帰とか良いですわ」と思った瞬間は何時ですか?

現実を直視した上で社会に進出出来るか疑問になることならいつでも。

実際妄想の世界に何泊可能ですかね?

0泊。これは本当だよ…本当だよ?きっと本当だよ?

つーか普通に異性の話をしてると恋人候補に二次元の方上がったりしますよね?ね?で、因みに誰?(笑)

このキャラ好きだな、と言うのと恋人候補が同一視出来るのならばある。逆に言うと恋人というものが全く分かってないため、ないかな。このキャラとなら親友になれそうだという感覚なら分かるのだが。僕のキャラ萌え感には愛が足りないと思う。なんというか、キャラクターとは自分の台詞で会話することができないために愛が芽生えることはなさそうだ。

長々と書きましたが、3次元の方の名前が挙がることはないと思いますよ。現時点で。

 

水銀燈!水銀燈!

確実に行き遅れる自信のあるヤツァ手ぇ挙げやがれ!!そして開き直りの一言を述べよ!!

俺は。まほうつかいに、なるんだ。

バトンを押し付けられそうな素敵なおホモ・・・ノン!お友達を二人とか五人とか・・・もう何人でも良いから上げようぜ!晒そうぜ!!

粗品ですが、どうぞ持って行って下さいませ。

と丁寧に、しかし見ている奴ぁ持ってけよゴルァ!とほのめかしてこのバトンに対する解答を終了する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »