« いのぶれ | トップページ | 語彙力ナサス »

2006年1月13日 (金)

D&D

7日は、サークルの集会でD&D卓に参加したわけです。D&D卓。んで、3レベルセッション。3レベルと言うことはレベル1分のHPをヒットダイスで指定された分の最大値をとってから成長分二回ヒットダイスを振れる。これ。んで、ウィザードやったんです。ウィザード。ヒットダイスが4面体という指定なので、最初は4、成長分を二回振って二回とも2がでたのでHPは8。これ。

これを頭に入れた上で、ウィザードは使い魔を使役することができるのだが、100gpの費用をかけてそれをやる。使い魔は、アイテム鑑定にボーナスのあるレイヴン(大ガラス)を選択。ステータスの数値を書き写していく。

使い魔も3レベルとしてあつかうので、3レベル分のHPを持つことになる。使い魔はPCとは違い、レベル1分のヒットダイスも最大値ではなく振ることになる。レイヴンのヒットダイスはどれだか忘れたが、3レベル分振って、HPは16になった。

ぉぉ、ご主人様の二倍もあるじゃないかぁ、盾にしてやるぜ、ヒャッハーとか思っていたんですよ。

そしたら、ヒットダイスの項目の次にヒットポイントという項目があるんです。そこにはこうかいてあったんですよ。

使い魔のヒットポイントはヒットダイスにかかわらず主人のヒットポイントの半分とする。

主人のヒットポイントの半分

半分

うっはー、ヒットダイスの結果の1/4になったぞー

ぬか喜び乙。

|

« いのぶれ | トップページ | 語彙力ナサス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/8133592

この記事へのトラックバック一覧です: D&D:

« いのぶれ | トップページ | 語彙力ナサス »