« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

お題バトン

tadawo日記からバトンのお題をバトンを渡す人が決めるという面白いバトンが飛んで来た。

…、てお題はプログレと…ツンデレ?

質問は以下の6つ。

  1. パソコンまたは本棚に入っている『プログレとツンデレ』は?
  2. 今妄想している『プログレとツンデレ』は?
  3. 最初に出会った『プログレとツンデレ』は?
  4. 特別な思い入れのある『プログレとツンデレ』は?
  5. 私と『プログレとツンデレ』というお題で川柳をひとつどうぞ。
  6. 最後にバトンを回したい5人とそれぞれのお題は?

それでは答えてみよう。

パソコンまたは本棚に入っている『プログレとツンデレ』は?

何枚あったかなぁ。実際お金がないから欲しいと思ったものも買えてないしなぁと思って調べてみる。

洋物プログレ:12枚
国産プログレ:30枚くらい(同人含む)
ツンデレ:
…なんと深遠なる命題。せかいは、こんなにも、ツンデレに満ちている…。

今妄想している『プログレとツンデレ』は?

「あ、あんたのために歌っているんじゃないんだからぁ」
といわれつつその歌の歌詞を聴いてみるに恐ろしく難解で理解不能。繰り返される奇数拍子の変拍子。これでもかというほど唸るハモンドオルガン。おどろおどろしい響きをみせるメロトロン。

トリップ状態から戻るとそこにはだれもおらず、
デレ状態なんて古代の小人さんが考えた幻だったのさー。

最初に出会った『プログレとツンデレ』は?

最初に出会ったプログレか。知らずに出会ったとすればFF3あたりのBGMじゃないかね。FF作曲の植松氏はプログレ大のプログレ好きらしいから。

はまるきっかけになったのはSFCのスターオーシャンからで、このゲームの音楽をひどく気に入ってから色々と調べるようになり、ネットで情報の入るようになった中学後半から高校時代から洋物のプログレアルバムをちびちびと買い始めるようになったのかな。

意識してで出会ったツンデレは「おとぼく」だと思う。

去年高校時代の友人と春スキー行くときに、おとぼくの特典かなんかの「ツンデレラ」という小冊子を見せられ、やってみれとその場でPCにインストールして持ち帰ったのが始まりか。

特別な思い入れのある『プログレとツンデレ』は?

思い入れのあるプログレは、04年の桜庭統ライブか。03年のとは違い狭い会場で一体感がライブハウスにあった気がする。

思い入れのあるツンデレ…やっぱりおとぼくのアレなんでしょうな。破壊力高すぎる。思い返すとこんなけ気に入っているのだから借りものですますのではなくいずれ買うべきか。

私と『プログレとツンデレ』というお題で川柳をひとつどうぞ。

好きなのに 理解出来ない その中身

最後にバトンを回したい5人とそれぞれのお題は?

ツンデレがついたおかげでカオスなネタバトンになったのでそのまま回してみよう。ビバ二番煎じ。

ドビ:不思議ドリンクとツンデレ(選択可)
ryuto:デバッグとツンデレ(選択可)
:マクドナルドとツンデレ
NightRaven:シンフォニックメタルとツンデレ(選択可)
彼方:レオンとツンデレ(選択可)

自分でだしといてなんだがどれも答えにくそうだな…。
まぁ、気が向いたらで…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月29日 (日)

魚の目玉

昨日昆布で出汁をとり、スーパーで安かった(150円)で買った鰤のあらを煮ておいたスープで鍋をやった。

鰤の目玉(周辺の肉)がうまい。とろける。こんなにおいしくてこの値段で仕入れられるのはうれしい限り。頭部全域ついてたしね。味付けが出汁のみなので、具を食べ尽くしたらこのスープを元手にうどんのつゆを作ってもうまそうだ。

と思ったが、やっぱ油が強めなので、うどんよりも蕎麦とかラーメンの方が良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てぃるなのぐ

以前、戦利品紹介をしたときに書いた、5/4 TAKEPODさん制作のTir-na-n-Ogというアルバムが非常にお勧めですよ。

やっぱりオルガンのド派手な曲は好みだ、うん。

このサイトの曲はクロノトリガーアレンジとかもお勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

疲れた

今週は自分にしては色々と飛ばしすぎたせいか疲れた。

サークル活動録については後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

慌てるとろくな事にならない。

今日は課題プログラムを提出したのだが、細かなしょーもない間違いがなんどもあって4回提出し直した。いちいち指摘してくれるTAがいることはありがたいことだ。

そして帰りには月華の剣士1,2とアルトネリコを購入。

もう金がないz

しばらくはまだ買ったゲームにも手をつけないんだけども。

とりあえず今日は寝よう。ここ数日あまり寝られてないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

最近の更新頻度は異様だ

どう見ても逃避です。本当にありがとうございました。

明日(今日)二限だけというのがなんとも微妙な。睡眠時間削ると二限起きるのがきついねぇ…。体調もあれだしもう寝た方が良いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

お気に入り

最近作業中のBGMがSoundHorizonばかりだったので別のを適当にかけてみる。

Pagentの螺鈿幻想でも久し振りにかけてみる。やっぱりいいわこれ。プログレはプログレでもわかりやすい気がする。アルバム買った当初は6曲目の「セルロイドの空」が苦手だったんだが、今になると良く感じてしまうから不思議だ。続けてもう一枚持っているPagentのアルバムの夢の報酬をかけてみたり。

木霊とかエピローグを題材にシナリオとか書いても面白そうだ。

クリムゾンやELPもいいけど、日本のプログレもやっぱ良いなぁ。

しかし、CD収拾を始めようとするとお金足りない。Garden shedのサイトみてタイトルやジャケみてるだけでも満足はできるのだが、なんかジャケ見てくるものがあったら買いたいしねぇ。

まぁ、今やってるレポが終わるまでは見ませんが。ホントに時間を忘れてチェックしてしまうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭痛

頭痛がするので体温測ったら36度8分てところか。平熱が35度8分くらいなのでちと微熱だな。

ひどくしないように気をつけよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続・お茶

20杯でこの値段か…

一杯150ml…?

何を血迷ったかペットボトルのお茶とコストが変わらない奴を買ってしまったぜ。

美味しいんだが飲むのがもったいない。

出涸らしまで飲み尽くしてやるー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

お茶

注文したお茶が届いた。学校行くついでにお金振り込んでくるか。お茶っ葉100gで20杯飲める事を考えると500mペットはやっぱ高いよなぁ。あれはあれで好きだから買うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

ちょwwwwwwおまwwwww

こんな記事を見つけた。

えっ? 4月からレトロゲーム機の販売が規制される!?

シンセとかX68とかPC98とかファミコン、SFCのソフトとか、仮に欲しい電子機器の大半が01年以前製である僕はどうしたら。

近所の古本市場でサタパ買いだめしておくか…


追記:

PCは対象外なのか。そしてオーディオ機器は対象であると。むぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNS

無駄に三つのSNS系サイトに登録してるわけだけどもあんまり利用してないねぇ。

学科で飛び交う話を聞いている限りだと、「リアル知人に見つかったときにヲタだとおもわれたくない」と思っている人がそれなりにいるようで、そういう人に繋がりのある人に誘いを出しにくいというのもあるしね。

単純に面倒なだけというのも少なからずあるけれども。

そこ。友達少ない、とか言わない。

適当に比較。

mixi:最大手だけあって人数が多い。それに伴いコミュニティも活発。メリットもデメリットも人が多いことに起因する。

gree:mixiと比較して実名性が高い。これからは消えるようだが母校という設定項目すらある。メリットもデメリットも実名性が多いことに起因する。コミュニティはたぶんそれほど活発でない。マイナーなものについては名前すら間違っている物も多い。いつの間にかインターフェイスが変わって、設定系統が微妙にわかりにくかった。←あくまで主観

filn:アキバ系SNSとしてつい最近始まったもので、未発達故、人が多くない。インターフェイスはmixiに非常に近い。このSNS自体が人を選ぶため、人を誘うことについて心配するような事例は少ないように思える、類が友を呼ぶSNS。この三つの中で、SNSの日記機能と外部blogの共存が唯一可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

サークル活動録

土曜のサークル例会はキャンペーン最終話。

立っていた卓は

  • SW
  • 六門世界RPG
  • DX2nd
  • S=FV3
  • アリアンロッド

インフルエンザの猛威に襲われたS=FV3卓は中止に。ご愁傷様です。

アリアンロッドで、シナリオ名「宝珠戦争」というキャンペーンに参加してました。どういうキャラクターを使っていたかは、11/12日の日記を参照。1レベルで始まったこのキャンペーンも、最終的には7レベルまでキャラクターが成長。1からここまでアリアンロッドで成長させたことはなかったので感慨深いものが。

GM様や他のプレイヤに了解を得ているわけではないので詳しくは書きませんが、資金力に身を任せて大量のハイMPポーションで固めたPC達も、恐ろしい特殊能力を持つ中ボスに戦々恐々しつつ何とか撃破、ラスボスの攻撃で大ダメージを喰らうも、ソウルバスターしたり、PC達は殆ど中ボス戦で使い果たしたなけなしのフェイトをつぎ込んだ攻撃で辛くも撃破。そして最後の審判は…。

日付が変わってエンディングフェイズ。最後の審判の鍵となるアイテムをPC1に委ねる。たった一つだけ願いを叶えることができるこのアイテムをどう使えばいいのか?

…全ての始まりに祝福を

生まれてくる全てのものに祝福を。

かくして宝珠戦争は幕を閉じた。

終わってみるともの凄く後味のよいキャンペーンでした。ちゃんとオチも付きましたし。

しかし、みんな演出やら台詞やらすらすら出てくるのが素晴らしい。自分で動かしているキャラクターをちゃんと自分のものにできてるのが凄い。GM演ずるNPCもどれも個性付けがしっかりして生きてたし。

というわけで全5(+0話)話のセッションおつかれさまでした。

ダブルクロス卓に関してはかなり詳しいレポートが出てますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

ひぐらしをなかなか進められない理由

雛見沢の人々の狭いコミュニティ特有の人間性が、地元の村の人間関係を想起させて吐き気を催す場面があってなかなかプレイが続かない。田舎特有の怖さって奴。

大げさな話だが鬼隠し編の圭一にはひどく共感出来た記憶がある。そこまでひどくないけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

れなぱん

ひぐらしのなく頃にのミニゲームであるれなぱん。

本編に付いてる方である程度がんばっていたのでどの程度やっている人は記録が出ているのだろうかと調べてみたところ、それとは全く関係なく、online版があることが判明。

なになに、月間トップが300代程度?いけるんじゃねと思ったのが運の尽き。

本編のよりよっぽど難しいよ。

と言うことで本編のと比較して難しいと感じる理由などを書いてみようと思う。

まず、ゲームシステムについて。

全くの別物である。

共通の部分について

どちらも、拳がかなり大きくなった時点でクリックすることで拳を捕らえることができる。

それをふまえた上で違いを説明。

本編に付いているもの

  • 左からパンチが来たらマウスの左ボタンをクリック、右からパンチが来たら右クリック。
  • パンチが拡大しきったときに若干猶予時間がある
  • 拡大していく段階が割とコマ送りっぽい
  • 最初の一コマだけ左右逆の画像が出現することがある(いわゆるフェイント)
  • 基本的に10回単位で速さが一定、時折極端に遅いパンチが来る

次に、オンライン版について

  • 左から来たら画面左半分を左クリック、右から来たら画面右半分を左クリック
  • パンチが拡大しきったときの猶予時間がない
  • 拡大していく様子が非常に滑らか
  • フェイントがない
  • パンチの来る速さの平均値は買いを追うごとに増えていく感じだが基本的にランダム

と言った特徴がある。

まず、クリックの仕方の違いでゲーム性が全然違うものになっている。本編付属の方は、左右を判断した瞬間に対応するボタンを押すため、判別を一瞬でも間違えてはいけないシステムであるが、オンライン版はマウスカーソルがある方に大きな枠が表示されるので、クリックする前に視覚的に間違いに気づきやすく、遅いパンチに対しては誤操作によるミスが減る。

本編の方は、どんなに速く近づいてきても、猶予時間が微妙にあるので早いパンチでやられることはほとんどない。時折来る遅いパンチやフェイントなど、遅い攻撃でプレイヤーを殺しに来る。

しかし、オンライン版は、猶予時間がなく、方向を変えるのに、マウスカーソルを動かす操作が発生するため、速いパンチでプレイヤーを殺しに来る。気をつけるべきポイントが全然違うのである。あと、拡大が滑らかに行われるため、このコマになるまで待てば速すぎて失敗することがないという判別をすることが本編にくらべて困難である。それ故、微妙な速さの違いのパンチが来たときになにも考えていないと失敗する。

上記の違いから、オンライン版は遅いパンチの時の一瞬の判断ミスが許可されるもののそれを差し引いてもオンライン版の方が難易度が高いと判断する。

しかし、パンチの親指がマウスカーソルを合わせたときに表示される枠をはみ出してから押すことを心がければ、マウス自体に不具合がない限りオンライン版は120回以下で失敗する要素はないような。

まずはオンライン版で200回を目標にするか…。

本編の方は、フェイントと突然の遅いパンチに気をつければあとは集中力だけなんで。フリーソフト「おすぎとピーコ」のノリで大丈夫ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひげそり

今まで使ってた100円の剃刀がもう古くてダメかなと思ったので奮発して1000弱くらいのを買ってみた。

やばい、顔がヒリヒリする…。数カ所切れてるよ。確かに深剃りだがこれは…。

ちょっと力入れ過ぎかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

性転換バトン

ネット巡回をしていて見つけたので答えてみる。

バトンの概要は以下のようだ。

---------性転換バトン--------------------

男性は『女性』になりきって考えてください。 女性は『男性』になりきって考えてください。 今、この時点で自分が異性に生まれ変わったものとして 以下の質問に答えてください。

質問は以下の通り。

  1. 朝起きて最初にすることは?
  2. あなたの職業(学校)はなんですか?
  3. どんな相手と付き合ってみたいですか?
  4. 自分の自慢できるところはどこですか?具体的に。
  5. どんな格好をしてみたいですか?
  6. どこに行ってみたいですか?
  7. もし本当に自分が異性に生まれ変わったとしたら、 その異性となった自分と付き合ってみたいですか?
  8. このまま生まれ変わったままでいたいですか? それとも元に戻りたいですか?
  9. このバトンを5人の友達に回してください 。

順を追って答えてみよう。

朝起きて最初にすることは?

目覚ましを10分先にセットし直して二度寝。

あなたの職業(学校)はなんですか?

異性として生まれ、同じ環境で育ってきたなら、同じように今大学生になっているだろう。特に、小中学生の頃の女子生徒の同級生の大半が生理的に好きになれず、別の学校へ行こうと努力するだろうから少なくとも高校は今の自分と同ランクの所に行っていただろうね。

どんな相手と付き合ってみたいですか?

身内に芯が強く強気な女性が多いため、友達づきあいはそういうタイプかその正反対に位置する人になっているんだろうな。どういう人と付き合いたいかと言ったらその正反対側に位置する人か。

恋人とかいうのだとどうなんでしょう。母親とよくシティーハンターをみて育ったので冴羽獠みたいなのが好きかも知れません。性格みたいなものだと海坊主の方が好きかなぁ。

自分の自慢できるところはどこですか?具体的に。

自分はこれで良いんだと思える自己肯定感かな。

どんな格好をしてみたいですか?

きっと没個性的な格好を好むに違いない。

どこに行ってみたいですか?

どうだろうねぇ。北欧とか?

もし本当に自分が異性に生まれ変わったとしたら、 その異性となった自分と付き合ってみたいですか?

これはわからんね。極端な同族嫌悪をするか、極端に親密になるかどっちかだね。ただ、積極的に付き合おうとはしないだろうね。

このまま生まれ変わったままでいたいですか? それとも元に戻りたいですか?

自分を観察してみると、やっぱり自己肯定感なるものが強く、その時の自分を強く肯定する節があるから、女性であるならばそのままが良いと思うんじゃないかな。根本的に変わっていこうと思うタイプの人間でないので。変わってしまったものを戻そうともしないし。

このバトンを5人の友達に回してください 。

適当にどうぞ。

このバトンって、異性という名を借りた自分観察バトンだよね。

8番の質問に関して言えば、男から変わりたくないって言えますし。他も殆ど変わらないんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさら

今更気が付いた…

Sound HorizonのElysion -楽園幻想物語組曲-の偶数番目の曲の頭文字を並べるとABYSSになっていることに…。

ご丁寧に色まで該当曲の頭文字だけ変えてあるじゃないか。

さらに

国民年金の学生免除手続きまだ出してなかったね。封筒出てきたし。
出してくるか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

生活習慣

大学入ってから一年目、体重が12キロ落ちた。

二年目で12キロ増えた。

3年終わろうとして更に5キロ増えてから3キロ減った。

総計入学時から+2キロ
せめて標準体重には戻すか…。一時期下回ってたわけだし。

なんでこうなったか考えてみる。元々運動なんて全然していなかったわけだから食生活が大きく影響していることになる。

一年目…全部自炊してたからなぁ…朝食夕食はもちろん、昼は弁当だったし。その弁当も茶碗一杯分のご飯とその半分くらいの退席の野菜炒めと煮物だったなぁ。この時、半年経った状態ですでに10キロ減っていた。高校の文化祭に顔出してきたとき、物理部時代の顧問の先生に大丈夫かとか言われた。

二年目…弁当をやめて学食で昼飯を食べるようになる。この状態で半年経った状態で3キロ増える。帰省時には一年目に比べて今年は体調良さそうだねと言われる。その後、サークルに入る→週末にサークル例会と、それとは別にセッションをやるようになる→今まで全く食べなかったお菓子類を食べるようになる。
追い打ちをかけるように、2年終了時のテスト週間、自炊をする気が全く起こらず頻繁に外食に行く。結果1~3月間に8キロ増える。

3年目前半…学年開始わりとすぐの健康診断で体重が一年目と同じ値に。自炊はするように戻ったが週2くらい外食をしていた→ゆるやかに体重上昇。

やばいと思い始めたのが3年目11月くらい。そこから少しずつ減り始め今に至るがまだまだ。ランニングは三日坊主だしなwwwwwうぇ

身長がまだ年に数ミリ伸びてたのが少しの救いか。入学時より1cm以上は増えてたようだし。

とりあえず徹底的に自炊して油抜くか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

泥沼

また課題プログラムを作り直した。泥沼なのはプログラムコードがですが。

最初適当に作ってた奴を使って最終課題に挑んでいる内に嫌気がさして冬休みに作り直してたわけだが、それを破棄して、結局最初作ったのを拡張してたんだが、やっぱりデータ構造が無理しすぎなので、破棄したと同じ設計で使ってまた作り始めた。

とりあえずParserはできたので明日中にCheckerを作り、数日でSPCまでできるといいなぁ。

(最初に作った奴は構文解析のためにトークンを全部リストに保存し、いちいちそれを参照して宣言された変数を確認するためもの凄く無駄が多いし、使用されている名前が宣言されているものか確認するためにトークンをかなりさかのぼらないとわからない(変数名リストを持たない)ため、比較するコードを書くのも面倒、さらに、エラーメッセージを出力させる箇所があちこちに散らばっているため非常に汚いコードである。駄目なプログラムの見本のようなもの。

今回作り直したものは、とりあえず、エラーメッセージの出力箇所を固定し、ファイルを読み込みながら宣言の時に変数リストを作成する方式にしようと画策中、Parserの時点でそれを見越したコードを微妙に埋め込んである。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

げへな

GEHENNAの第二版であるGEHENNA -ANASTASIS- を予約した。28日予定らしい。

リプレイを読んだり、少しセッションに参加した第一版の印象では、割とダークなファンタジーだったと記憶しているのだが、今作の表紙絵を見るとかなりライトな印象になった感じが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

らんだむ作成

僕はキャラ作をする段階でやりたいキャラの個性が決まっていない限りは決まってない部分に限り割と設定をランダムで決め、そこからキャラクター像を決定していく。

つまり、体格とか年齢とか性別とかにある程度の方向性は持たせるが適当な乱数をあててダイスで決めることが多い。

今回サークル例会の後、サークルの友人の自作システムをテストすることになったとき、年齢をまたランダムで決めたわけで。乱数は適当に(1D6)D6歳(さいころを一個振ってでた目の数のさいころを振った目の合計値)とやってみた所、一発目で1がでた。ここで1~6歳というのが決定する。もう一回さいころを振ったところ3歳になったわけで。

この時点でキャラクターの能力値や技能は全て決めていたので、パーティー内で二番目に耐久力が大きい三歳児が誕生したわけで。

ロールプレイ的にきついものがあるし周りもきついんじゃないかと思うのでもう少し期待値を考えて乱数を使おうと思った。あれじゃぁ期待値12歳程度だ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

弁当箱

木曜日は久し振りに弁当の準備をした。

が、しかし弁当箱がみつからNEEEEEEEEE!!!!!

結局昼は学食食って、用意したおかずは晩飯用になりましたとさ。自分乙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

語彙力ナサス

rero氏の日記を見て、ATOK presents 全国一斉!日本語テストをやってみた。

結果は61点。
間違えたところは3,5,7,13,16,24,25,27,28,29,30。

語彙力の所にある5問中4問間違えてるよ。語彙力まずいね。中学以降ほとんど本読んでないからなぁ。改善しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D&D

7日は、サークルの集会でD&D卓に参加したわけです。D&D卓。んで、3レベルセッション。3レベルと言うことはレベル1分のHPをヒットダイスで指定された分の最大値をとってから成長分二回ヒットダイスを振れる。これ。んで、ウィザードやったんです。ウィザード。ヒットダイスが4面体という指定なので、最初は4、成長分を二回振って二回とも2がでたのでHPは8。これ。

これを頭に入れた上で、ウィザードは使い魔を使役することができるのだが、100gpの費用をかけてそれをやる。使い魔は、アイテム鑑定にボーナスのあるレイヴン(大ガラス)を選択。ステータスの数値を書き写していく。

使い魔も3レベルとしてあつかうので、3レベル分のHPを持つことになる。使い魔はPCとは違い、レベル1分のヒットダイスも最大値ではなく振ることになる。レイヴンのヒットダイスはどれだか忘れたが、3レベル分振って、HPは16になった。

ぉぉ、ご主人様の二倍もあるじゃないかぁ、盾にしてやるぜ、ヒャッハーとか思っていたんですよ。

そしたら、ヒットダイスの項目の次にヒットポイントという項目があるんです。そこにはこうかいてあったんですよ。

使い魔のヒットポイントはヒットダイスにかかわらず主人のヒットポイントの半分とする。

主人のヒットポイントの半分

半分

うっはー、ヒットダイスの結果の1/4になったぞー

ぬか喜び乙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

いのぶれ

ネウロ4巻を買いに行こうと思って本屋へ行ってINNOCENT BLADE UNVEILを買ってきました。ネウロは売ってませんでした。

イノブレは、同じ作者で悪魔狩りというマンガがあって、戸々野狩り(既に閉鎖につきarchive.orgで)というサイトもできるように、様々な場面での構図にベルセルクやら無限の住人に酷似している場面があったものの好きなマンガの一つです。

なぜ悪魔狩りを持ち出すかというと、悪魔狩りを通して読んでない人はほとんどネタがわからないのじゃないかなと。

んでこのイノブレアンヴェイル、イノブレの続編なんですが、元になったイノブレも同時掲載しています。トドさんのデビュー作で、初出は8年も前のガンガンだそうで。僕がこれを読んだのはそれより少し後にでた、エニックスの21世紀マンガ大賞の入選作をまとめた奴だったかな。4本載ってたんですが、他に載せてた作家さんがハレグウの人とか東京アンダーグラウンドの人でしたね。

悪魔狩りを読んでないとわからないけど、悪魔狩りを一度でも読んだことがあれば話はわかるかなと。固有名詞やらなぜそのキャラの発言がそうなるかみたいなのは注釈が付いてますし。

しかし8年も経てば絵柄も変わるというか…

ティルル、明らかに今回のが若いなと。なんというか、元々洋ゲーの絵柄が日本製になったような感じ?髪型変わったのも印象を変えた要因か。

悪魔狩り冠翼の聖天使篇6巻の読み切りででているロドムさんもでてますな。良い感じに泥臭くなってます。

トドさん好きなら楽しめるんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーソフトのゲームとか

Nepheshelというものに少し触ってみた。探索ゲーとしては好印象かな。40分程度しか触ってないけど。

序盤は歩いているといつの間にか体力が自然回復してしまうせいでかなりぬるく感じた。それでも、戦ったら殺されるレベルの敵をかいくぐりながら財宝を開けて戻ってくるのはなかなか緊張感があって楽しい。冒険している気になれるRPGだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

戦利品等

某イベントの戦利品を上げてみる。

結構買ったなぁ…

そして大阪に戻ってきたときについでにRBOの追加ディスクを仕入れました。まだインストールしてない…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

おでん

昨日IRCで話をしていたらおでんの話題が出て食べたくなったので作ってみた。

とりあえずある材料で作ろうと思いゆで卵を作り、大根単体で少し茹で水で洗い、昆布で出汁を取る。その後深夜0時から大根(一本)とゆで卵(3個)を煮始める。この後、弱火で朝まで煮込む。3限のために学校に行くまで煮たままなので12時間ほど大根とタマゴだけだし汁にみりん、塩、醤油、砂糖を混ぜたつゆの中で煮続けたことになる。

厚く切りすぎたせいか、大根は味は結構染みているのだが実家でやってるおでんのように箸で触れば崩れるくらいに柔らかくはなっていない。それなりに歯ごたえが残っている。しかし、作り始めはうどんつゆの出来損ないのように感じたつゆの味がおでんのつゆという感じになってきている。大根煮るだけでおでんの味になるところが不思議だ。

学校から帰ってからスーパーにより練り物や糸こんにゃくを結んだ奴などを買い、それらを一時間ほど煮る。初めてだがそれなりにおでんっぽくできた。練り物を高望みしなければかなり安く作れるなぁ。大根とゆで卵だけやる分には凄い安い。大根も先っぽの方だけ買ってくると安上がりだし。これからもちょくちょくやりますかね。

oden2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

帰省まとめ

明日実家から帰還。

戦利品でも晒す予定。

家族で温泉でも行くかと両親に連れて行かれたところが昨年の春、Uやと出かけた温泉でした。シラカバ子白樺湖。一発変換って恐ろしいですな。

レポ用のプログラムでも書くかと思いPCを持って行ったのだが、ACアダプタを持って行くのを忘れたため4時間半しか作業ができなかった。ぐふ。

二泊したので最終日はスキーやってきた。なんか斜面がやたら滑らかに感じる。カーヴィングスキーってここまで楽なんだなぁと思った。特別何もしないでも状態が中央に残りスムーズに下半身の重心移動ができる感じ。新雪にも足を取られずスムーズにショートターンが行く。普通の板とここまで違うとは思わなかった。

しかし…

帰省期間中に無性に携帯欲しくなった。列並んでると集合時間とかアレだし…。

まぁ、集合場所とか駄目な場合の最終手段とかちゃんと決めることで回避出来るので全く持って優先事項ではありませんが。結局使わなければならない状況ができない限り導入しないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »