« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

某イベント突撃録+α

12月29日。

11:20に会場入り。まずは企業ブースへ行くことに。行く途中のコスプレ広場には今年も宮崎駿の格好をした人を発見。それはさておき、はやる気持ちを抑えきれずFate/Zeroの列に並ぶ。2時間半ほど吹きっさらしの中並び続けてようやく購入に至る。その後卓ゲ系をまわる。が、財布の都合でほとんど買わず。

そして某食神で晩飯。誤植が直っていて軽く衝撃を受ける。

11月30日。

某イベントにはでかけず。卒論の作業をするとみせかけて㌦邸で遊ぶ。しかし作業用に持ってきたノートPCに異変が。16ビットカラー設定にしておくと画面全体に縦線が点滅するような状態になってまともに作業できず。32ビットにしてもアイコン類とマウスカーソルが死んでいる状態。
ハードウェアによるアクセラレータを切るとマシになるもののやっぱり表示がおかしい状態。というよりも起動時のNECのロゴが死んでるね。

そろそろこのPCもご臨終か。

12月31日

10:20に会場入り。初日企業ブースでまわり忘れた物を探すも見つからず。なんかのっぽさんとゴン太くんのブースがあったのにびっくりした。懐かしいなぁ。でっきるっかな。

その後東ホールを見て回り最後に軽く西ホールを流す。今年は音楽CDを見て回る体力がなかったなぁ。あと予算も。余裕ができたら書店委託分に手を出すかね。

ゲームはシャンテリーゼだけ購入。

その後U邸でひぐらし礼を見物。
昼壊し編に感動。アレはよいネタ分ですね!

そして小田急線とJRを駆使して駅まで迎えに来てもらい帰宅。今に至る。電車の中でFate/Zeroを読む。コレはよい。本編より良い。ただ、もっと動いている切嗣が見たかった。

Vol.2~4が楽しみだ。

しかし画面がおかしいノートで日記書くの疲れるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

ピーマン地獄+アニメ感想+α

27日より東京行って高校の部活メンバーと飲み&コミケ見物+帰省のため冷蔵庫の中身を整理することに。

大量に出てくるピーマン。10個も残ってるか!

買い物に行ったときに値段の許す範囲で食べたい食材を買うという買い方が災いして無駄にたくさん残ってるぜ…

ということでピーマン全部炒めて食べました。

ピーマンは好きなんだが…微妙な気分になったとさ。





おとぼくアニメ最終回を見た。

久しぶりに全編リアルタイムで見たアニメ。ゲーム原作としては良い。
分岐ものをアニメにしたときのまとめ方はアレで良いと思う。

貴子さんかわいいよ貴子さん。

全体的なクオリティには納得しているのだが、ただ一つ。

ただ一つだけ、原作プレイ済みのこのアニメの視聴者として心残りがある。

動く、「頬を膨らませてやきもち妬く貴子さん」が見たかった!


ということで、

『全体的なクオリティには納得しているのだが、』は取り消し。

納得なんてしてないもんね!


あと、日記のカテゴリを複数指定できることに今更気が付いた。だからといって今までを修正するのは面倒なんだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

クリスマスですか。

イブに特にすることもないし、余った卵を帰省前に処理したいんでケーキ作った。

自分にクリスマスプレゼント。

K3100004

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

キー4つ上げ

karasawa氏の紹介でキーを4つ上げたあさきの神曲を聴いている。

なんというか、発声のしかたが女性ボーカルのような感じなので結構普通に聴けるというよりむしろ良い。微妙に声が聞き取りやすくなった気もするし。空澄の鵯とが良い。

あとは、SEX MACHINEGUNSのみかんの歌を上げたらあまりにもそれっぽすぎる姐さん声になって笑った。

かっこいい系統の女性ボーカルは2~4位下げるとビジュアル系になるね。

いろいろ遊んでみると楽しそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

さらに動画

海外通販?ってすごいねぇ。

フードプロセッサの動画なんだけど(Don't try this at homeもしくはTry this at homeから見られる)







そんなものそもそも粉々にしようと思わないwwwwwwうぇ

と言ったものばかり。

マクドナルドエクストラバリューミールはお勧め。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スーパープレイ?

知人に教えてもらったのだが、この動画はいろんな意味ですごすぎる。

発想はサンプラーそのものなんだけど、良くできてるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

これは…

アニメのおとぼくを見ていたんだが…。

まりやがアルバムを眺めているシーンにて、少年時代の瑞穂少年が写っていたんだが。




スク水かよ!

一応少年時代…だよなぁ。

萌えアニメにツッコミは不要か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

12/2(土)例会録

サークル例会ではゆうやけこやけキャンペーン第三話に参加し、例会後は深淵のセッションをやった。

まずは例会の方のレポから。

前回(第二話)のレポはこちら


今回のセッションは前回から二百数十年の後の明治を舞台とし、一名村にやってきた華族のお嬢様を中心としたお話。

ではPC紹介を。

雪音(正体:白狐 性別:おんなのこ)

  • PLはサークルの先輩、薬師氏
  • PC達の中でも頭一つ抜けたおとなの能力を持つ。
  • 一名の山の守り神として奮闘。長い時を経て頼れるお姉さんに成長。

ぱだ(正体:狸  性別:おんなのこ)

  • PLはサークルの後輩、ちゃっぴー氏
  • 相変わらずの食いしん坊ぶりは見るものを和ませる。
  • 今回はやっと人型に変身した!?

チェスター(正体:白うさぎ 性別:おとこのこ)

  • PLはサークルの後輩、鶏氏
  • 雪合戦の際は…、、、美味しいポジションですね!
  • 異国出身ならではの視点が素敵です。

ルル(正体:猫 性別:おんなのこ)

  • PLはサークルの先輩、お犬様氏
  • 雪音とは対照的に長い時を経てどんどんおとなが下がってます。
  • 一つ上にいて物事を見ているようなキャラから"策士かわいい"キャラになったような印象。

えね(正体:鳥(カラス) 性別:おんなのこ)

  • PLは自分。
  • 少しだけ人見知りをして少しどもる。
  • お菓子担当?

以下セッション概要。

  • 山道を馬車が歩いている。一名の村の近くまできたあたりでルルが「ふぎゃ」と轢かれてしまう。マンガ的に。
  • 華族のお嬢様を乗せた馬車が立ち往生してしまう。そして執事のジョージが様子を見に行った隙にまりなお嬢様が抜け出してしまう。
  • 雪音は自分の社のお賽銭であぶらげを買いに。他のへんげは村のおじさんにおかしをもらって山へ遊びに。
  • 変化達が山へ着くと山小屋に女の子が。
  • るるとまりなお嬢様が一斉に指を指して「あんたいったい誰なのよ!」
  • いろいろあって打ち解ける。
  • お煎餅をわたしてみてもバリっとはなかなかかみ砕けないような子だったり。
  • 張り合って煎餅をほしがるぱだ。
  • どうやらお嬢様は華族のおつきあいとか勉強とかで日常が拘束されるのがいやな様子。
  • 「道幅くらいに大きくて、怖い、ジョージという化け物に追われている」とのこと。
  • 真に受けるへんげたち(この場にいるへんげはみんなおとなが低い)。
  • 一方そのころ村の方では「お嬢様ドこデすカー!」
  • それを見た雪音、ジョージを手伝ってお嬢様を探しに行くことに。
  • 「わらわに任せるが良い。わらわは神様じゃからのう」「オースバラシイ、かみさんデスカ!夫はドコデスカ~」とか言うやりとりがあったとか無かったとか。
  • お嬢様側の方では、「そんなに大きな化け物だったら近くにいるならすぐに見つけられると想うから探してくるよ」と探しに行き、すぐにもどってくるえね。
  • 何かがくると感じるやいなやものすごい勢いで驚かそうとするるる。
  • あまりにびっくりしたえねは逃走、こちらに向かっていた雪音とジョージと合流。
  • 雪音、鬼火を使って、こちら側に気づいていないへんげ達とお嬢様を引き寄せようとする。
  • そこで、チェスターのだっしゅ!チェスターはるるとお嬢様を連れてにげだした!
  • おいてかれたぱだ!ぱだはまごまごしている!ぱだはまりなお嬢様にへんしんした!
  • あまりの見事な変身に、仕草がおかしいと思いつつも見抜けない雪音、ジョージ、えね。そのまま雪音の社へ。
  • 一方逃げた側も雪音の社の方へ逃げてくる。途中でとなり山の猿のへんげ、てお に雪玉でちょっかいを受け雪合戦に。しまいには雪玉ではなくチェスターがルルに投げられる。てお一団逃走。
  • 合流。二人のお嬢様。おかげでジョージに関する誤解が解ける。もう時間も遅いのでお嬢様は今日この村で滞在することに。
  • というわけで村人達を交えて歓迎の宴会。各へんげがおのおの能力を活かしていろんな演出をしている。
  • 人間を快く思わない猿のへんげ、ておの仕掛けた熊用とらばさみにるるが引っかかりけがを。
  • ておを問いつめるへんげ達。
  • けがが早く治る温泉の話を知ったお嬢様はそれを汲みに早朝抜け出して一人山を登る>お嬢様がいないので騒ぎに。
  • へんげ達が探しに行く。
  • ぱだのなんでもへんしんで舟に変身しみんなで乗り込み川を上る。そのぱだにえねがつばさをあげるで羽をはやし、空飛ぶ舟に。ぐったりしているお嬢様を発見。
  • どうやらてお がお嬢様が山を登るのを妨害して迷わせていたようだ。
  • てお を懲らしめるへんげ達。
  • 一段落付いたところで雪音が説教を。この説教ロールがなんというか、楽しそうだった。
  • 目的も果たして皆無事ですんでてお達とも仲直りしてめでたしめでたし。

流れで見るとこんな感じか。細かいことを言うならば前回もでた土地神様もでていたり、実はてお が雪音に恋心を抱いていたり、ジョージが鎖国後日本を離れていたケントさんの子孫で、チェスター絡みのシーンがあったりいろいろあった。

セッション開始前はドラゴンボールのフリーザ様トークで盛り上がってたり、シーンが切れるごとにおまえエロいなとか最後には聖闘士星矢ネタが飛び交っていたりしていろいろ雰囲気が怪しくなったもののシステムコンセプト通りの「ほのぼのあったか」はできていたんじゃないかなと思う。

次はサークルの先輩のGMで深淵をやった。

いつものように各自がカードに単語を書いてそれをGMに渡し、それを元にシナリオをGMが作るという方式で。

今回はサプリメント:血のごとく赤き の追加カードを用いたセッションだった。追加カードというものの、見た目が明らかに基本のカードとは違い、また効果がいろんな意味で致命的だったりするので独特の緊張感が生まれる素敵なカード。ただし、そのカードはサプリの裏表紙を切り取らなければならないために今まで使われなかった。

致命的な効果の例としては自分の寿命が減る、だとか、攻撃者のもっとも大事な存在に命中する、だとか。素敵すぎ。

そして、今回はさらに、キャラクター作成を相談なしでやろうということに。プチマスカレイド風味。そしてできあがったキャラクター達は…

  • 奇妙な動物をつれて、「く、私に…さわるな!」という邪気眼っぽいイタイ人。PLは自分。引いた運命は、「呪われた出自:病の王ダーリ」「運命の出会い(同性)」「予言する猫」
  • 生き別れの双子の妹をストーキングする暗殺者。PLはkarasawa氏。引いた運命は「守護者」、「重要な出会い/呪われた双子の片割れ(血塗られた鈎爪)」
  • やたらと堅実で小心者な盗賊団の親分。兵士下がり。PLはだんぼ氏。引いた運命は「片腕」「戦場の爪痕」「借金」
  • 二股かけて満月の夜には獣化してしまう騎士。PLは風矢氏。引いた運命は、「心変わり」「呪い-銀の獣人」「誓いの言葉」

そしてカードに書かれた単語は以下の通り

  • 101匹___大脱走
  • 湖面の月
  • 革命
  • 隠し銀山

でした。
ということでシナリオ概要を。

  • 騎士のPCの幼なじみの内一人(運命:魔剣)がとある城下町の城主の後継者でした。
  • ところが、もう一人の方の幼なじみ(運命として「妄想」をもっている)が実は正当な後継者であると主張をし革命を起こそうというもの。革命派は銀山に立て籠もっている。財力も確保し持久戦も大丈夫と言おうとでもするように。
  • それとは無関係に借金取りというか盗賊団に追われている人が運命の人(同性)だったり、銀山に守るべき妹がつれさられていったりして各違う思惑で銀山周辺で行動。
  • 獣化した騎士が銀山で暴れ回っていると銀山の地底湖から大量の水魔が大脱走。町が水浸しに。湖面に映った月のおかげで獣化することに抵抗できずそのまま幼なじみその2を惨殺する騎士。亡骸を抱えて魔剣を持った幼なじみその1と交錯。シナリオ終了。

文章にするの難しいなぁ。

自キャラの反省をするならば、キャラの指針が自分としてぼけていたためにあまり絡みに行こうとすることができなかったことが良くないか。

キャラ作がかなりランダム要素に左右されるとはいえそれを活かした指針の建て方なんていくらでもあるわけで。

つまり一ついえることは

キャラ作前に酒を飲むなと言うことかw

と酒飲みながらレポを書いているわけで。だめだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

ゲーム検定

ゲーム検定なるものをやっているようなのでやってみた。

以下結果。

+++ ゲーム検定 成績発表 +++

あなたの総合得点は61点  全国平均 52点

全国順位(12月1日 21時現在)
25102位(126220人中)

--ジャンル別得点表------------
            0_________50__________100%
ハードウェア       ■■■■■■■■■■■■■■■
ゲームシステム&テクニック■■■■■■■■■■■■
キャラクター       ■■■■■■■■■■■■■■
ビジネス         ■■■■■■■■■■
雑学           ■■■■■■■■■
--------------------------

--講評---------------------
あなたは「ゲーム大臣」
これだけの知識があれば、たいていのゲーム好きの人間とは楽しく会話ができるはず。しかし、この先、もっと深く広い知識を得ることで、世界はさらに広がるだろう。
貴方がもっとも詳しいゲームのジャンル:
   ハードウェア
貴方がもっとも詳しいゲームの年代:
   90年代後半から現在にかけての熟成期
--------------------------

ここまで。

覚えてるようで覚えて無いなぁ。

問題早とちりして同メーカーの別タイトルだと思って答えたやつとかいくつかあるし。もう少しいけると思ったんだが。


32ビット機出現前後くらいは割ととれた感じか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

単純明快

見てておじや噴いた

http://www.youtube.com/watch?v=aKbNwAwJsWQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/25(土)26(日)セッション記録

今年も残すところ後一月。暖房がほしい季節になってきました。

といいつつ間違えて冷房をつけて一日過ごしたあげく蛍光灯の寿命が切れて真っ暗な一日を過ごしてましたよ。蛍光灯はともかく途中で冷房になってるのに気づけよとセルフつっこみを。

さて11/25のサークル例会ではガープスユエル卓に参加。GMの方がまだ第四版では和訳されていないウィザードを第四版用にデータを作ってきてくれたので使ってみることに。

まぁ、第三版でガープスを遊んだのはCP無限という素敵キャンペーンくらいなので僕自身にロクに知識はないのだけれども。

遊んだシナリオは「かくて世界は広がった」のサンプルシナリオなので詳細は割愛。

そしてできあがったパーティーは…

  • 狭量でけちんぼなガヤンの戦士
  • 天然冷酷ラルファ娘
  • 自信過小でケチなタマットの盗賊
  • 自信過剰で魔術師至上主義な魔術師(自キャラ)

さて情報収集するかというところで

「誰か交渉の技能持ってる人」

誰も持ってないw

「じゃぁ情報料つむか」

…けちんぼ持ちが二人もいやがるw

GM「キャラ作の時に確認しとけよw」

ごもっとも。

なんというか不利な特徴に振り回されて思うように進まないのがガープスのおもしろいところだよね。うん。

まぁ、必須っぽい技能は分担ちゃんとしないとまずいんだが。これは反省しないとなぁ。

ということでどたばたしつつボス戦。

GMの出目ふるわず。

おまけに前衛二人の出目が走る。

「あ、クリティカル、クリティカル表を振ると、ぉ、ダメージ二倍!刺しで14」
「あ、クリティカル、クリティカル表を振ると、ぉ、ダメージ二倍!切りで22」

さらに盗賊の突撃で転倒。「膝立ち」と叫ぶGMが悲しそうなのが印象的でした。

無傷で戦闘終了。依頼は一部こなせなかったものの無事にシナリオ終了。

例会後はメンバーを変えてメガテン覚醒篇改造版を。

シナリオ概要は東京Dランドの着ぐるみの反乱。

暴走する着ぐるみを倒しつつ同様に暴走するアトラクションに閉じこめられた人たちを解放しつつ、着ぐるみを操っている首謀者を捜し出すというシナリオ。

首謀者は、タイ○ーマスク風の男。たぶんしっと団。クリスマスにカップルの集まるテーマパークの評判を落とすべく行動している。

最初の行動は…

アピール!(プロレス技の成功率アップ)
…ころころころ

失敗!
命運使って振り直し、またアピール…失敗!命運使ってm(ry

プロレスラーはアピールしないとねぇ。

とはいうものの戦闘前に命運がほとんど尽きてしまったボス。

雑魚より先に瀕死に追い込まれるボス。

操っていたボスが倒れたことにより暴走する雑魚達。

熊の着ぐるみに相撲技かけられて絶命するボス。

ボスの悲哀を感じた一日でした。

さて続いて26日。

ブルーローズ卓に参加。

ブルーローズで戦闘得意なPCってやってないなと思い火星を選択。あとはイベント的に美味しそうなので金星を選択。<<剣>>と愛する敵を引く。

<<剣>>あるし一発当てれば即死攻撃あるから何とかなるかなと思ったのが少し甘かったか。
PC3人なので技能を広く薄く取ろうとしたのだけども、格闘1レベルに運動1レベルでは命中と回避が少し心許なかったなぁ。
パーティーの戦闘枠だったわけだしもっと特化させた方が良かったか。
まぁ、金星を火星に組ませるのが微妙なんだろうなぁという話なんだろうけれども。

シナリオは近未来世界で宇宙ステーションに観光でいけるくらいの文明レベルでの話。犬とかいたし。

ローズ財団の士官学校の新米教官(自キャラ)と生徒、さらにローズ財団に就職が内定している学生の3人のPCでの話。

そこに未確認の宇宙船がやってきて宇宙ステーションが占拠される。テロリストを押さえつつ乗客と乗組員全員脱出しようというシナリオ。

自PCは最初の戦闘で気絶、上官がおとりになって回収される。上官人質に。

なに、奴らは吸血鬼!?

今週のびっくりどっきりメカは目から紫外線ビーム!

そして黒幕は上官か!

勝った!完!

しかし説得の仕方一つとってもいろいろあるんだなぁと思ったセッション。

対象の要求とこちらの要求はともに常に把握してないといけないね。逆に把握さえしていればいくらでもやり用はある。


他にやることがあったとはいえ日にちをおくと記憶が怪しい。

レポは近いうちに書くに限るね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »