« ようやく | トップページ | 積む »

2007年4月 2日 (月)

久しぶりに

31日はサークルの集会でGMをやりました。

文化祭用のテストプレイと合宿を除くと前回GMをやったのは去年の四月一日。毎年この時期にしかやってないなぁ。

ということで、ゲヘナ卓を立てました。

シナリオタイトルは

ゲヘナ黙示録カイジ

でした。

卓紹介でタイトルを言ったときの反応で、出オチとしては勝てたとは思えましたが、もう少しプレゼンをしっかり考えておいた方がいいなと思いました。利根川先生のセリフくらいは覚えておかないと。こういうネタをやるんだったら。

シナリオを用意したとはいっても、大まかに獄における邪霊律や、出てくるNPCの設定を考えただけであったため幾分不安でしたが、PLをやってくれた方たちが比較的動いてくれる方達であったために出せるネタがほぼだせたので、GMとしてはすごく楽しめました。

反省点としてはデータが全部はできていなかったことに加え、ルールの把握が甘かったために確認のために時間を取ってしまった回数が多く、進行が遅れがちだったことでしょうか。この程度の詰めで例会でやるレベルにはまだ達してないということでしょう。

ともあれ、参加してくれた方、お疲れさまでした。

ゲヘナ黙示録カイジ
一応解説

最近カイジを読んだときに、人間ってこーやって堕落していくんだよなーとか思いながら読んでいて、堕落というキーワードはゲヘナで使わないのは勿体ないと思い立つ。

  • 邪霊様が囁かなくても自ら堕落していく人間達をみて楽しむ「獄」さえ存在するならば、カイジのようなことはできる。
  • ならば、獄の脱出にお金がかかる邪霊律で良いだろう。
  • ここでうまい汁を啜る立場の物達をだせばなおさら堕落は進むだろう。
  • あとは、獄中で慢性的に不足するお金をどうやって取り入れるかを考えればいいじゃないか。

と言うコンセプトでした。

獄中でのお金が増える方法としては

  • 邪霊様が高レート賭博でばらまく
  • 内部にある鉱山を掘って換金する(掘ったものの換金は街でする場合の1/10というレートに設定した)
  • 新たに獄に人がはいってくる

を用意しました。

まさか、NPC達をかなりの人数味方に付け、10人以上の団体で金鉱を掘って行くとは思いませんでしたが。

まぁ、そこまで人数が増えなければ地を這う者はいつまでも地を這い、汁を吸うものはずっとうまい汁を啜り続けるシステムにはなったかなと思います。

しかし、シナリオタイトルがこれだっただけあって、普段は見ることの出来ないタイプのキャラクタを見ることが出来て面白かった。

|

« ようやく | トップページ | 積む »

コメント

面白かったです。自分が何か有効な事をしたかどうか、かなり不安ですがw

>NPC達をかなりの人数味方に付け、10人以上の団体で金鉱を掘って行くとは思いませんでしたが。

個人的な意見ですが。NPCがPC側を信用しすぎてるのではないかと思います。無論こちらもあからさまに怪しい提案などはしないのですが。
もっと浅はかに「他人を裏切って一人だけ上手い汁吸うぜ。ゲヘヘ」と言う奴が何人かいてもいいかな、と。
もしくは・・・資金が(時間がかかっても)無尽蔵に湧いて出る状況では、人間余裕を持ってしまうものです。鉱山がなければ、すごい地獄を見ることになったでしょう。もっとも、その場合は獄から抜け出すための金額を跳ね上げる必要があったでしょうし、本当に人間的に嫌なものを見る羽目にはなったでしょうが・・・。
というわけで、今回のシナリオは勧善懲悪好きの俺としてはすごい満足ですよ。

投稿: 風矢 | 2007年4月 2日 (月) 22時26分

>資金が(時間がかかっても)無尽蔵に湧いて出る状況では、人間余裕を持ってしまうものです。
ふと思いついたのですが、宿泊料を高く設定し、休息できないとペナルティを与えるとか、
鉱山に死体を埋めると採掘効率が上がるシステムとか、
高利貸しのNPCとかいるといいのかな?

投稿: over-all | 2007年4月 2日 (月) 22時53分

風矢氏

>面白かったです。
ありがとうございます。

>自分が何か有効な事をしたかどうか、かなり不安ですがw
黒沙をばらまいたじゃないですかw

>もっと浅はかに「他人を裏切って一人だけ上手い汁吸うぜ。ゲヘヘ」と言う奴が何人かいてもいいかな、と。
明確な悪者は二人しかいませんでしたしね。他に、本編にはでなかったけど持ち逃げしたNPCもいましたが。あとはあまり悪いぞオーラがでているようなのはいなかったか。宝石を確保した上で現実を見て途中ででていく程度で。

>個人的な意見ですが。NPCがPC側を信用しすぎてるのではないかと思います。無論こちらもあからさまに怪しい提案などはしないのですが。
弱者側がどうしようもない状況にあるという状況を作ると、リーダーがどうしようもないお人好しの方が都合が良いためにあーいうパーティーがNPCとしていたわけですが、リーダーだけ正反対ではあまり機能はしなかったか。

>今回のシナリオは勧善懲悪好きの俺としてはすごい満足ですよ。
骨格として「悪銭身に付かず」を入れてますしね。良かった。

over-all氏
>宿泊料を高く設定し、休息できないとペナルティを与える
宿泊料がべらぼうに高いが安心して休める場所と、各パーティー雑魚寝の場所を用意し、休まないとペナルティは考えていましたが、そこまで長く保ちませんでした。

>高利貸しのNPCとかいるといいのかな?
邪霊様が喜んで貸してくれます。一日10%福利で。

無尽蔵に沸く状況については、PC達の会話で心配している様子が見て取れたのでこちら側としては良いかなと。その時点で明確な上限を設定していなかったし良いかと思ってしまった。

投稿: ます | 2007年4月 2日 (月) 23時14分

> NPC達をかなりの人数味方に付け、10人以上の団体で金鉱を掘って行くとは思いませんでしたが。

味方になった NPC 達も次章では普通に裏切るんだよね….

投稿: rero | 2007年4月 3日 (火) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/14496053

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに:

« ようやく | トップページ | 積む »