« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

幸福は義務です、市民。

先日届いたコミケカタログを用いて、面白そうな卓上ゲーム系サークルを捜していたところ、パラノイアのリプレイを置いてあるサイトを見つけた。パラノイアといってもパラノイアでKanonをやってしまおうといった野心作のようで。

Pakanoia(掲載元:Mud Hatter様)

せっかくなので一部を引用してみよう。

雪が降っていた。
思い出の中を、まっ白い結晶が……

――市民。『雪』とは何ですか?

このテンションまさにパラノイア。大好きです。主要キャラは何日でクローンが終わってしまうのか。パラノイアならではの用語に関してはしっかり解説が付いているのでパラノイアを知らなくても読めるとは思いますよ。

パラノイアはプレイするのは苦手だけどリプレイ読んだり眺めている分には面白いよなとか思いつつ。ボードゲー版ならプレイも楽だから楽しめるのだけれども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

東方風神録の

体験版を触った。

まずEasyで触ったところ難しく感じた。次にNormalで触ったところ思ったよりは簡単だった。
相変わらず音楽は良いし購入は確定かな。

会場で買うかは未定だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

DL販売を利用してみる

カイ使い教官のコンボムービーで気になっていたAliesonのCDが既に入手不可能で再販分はDL販売されているとのことなのでDL販売を利用してみる。コンビニ決済で1~3時間後にDL可能になるのは良いね。

ということで現在YUA~贖罪の荒野へ誘われし少女~をエンドレスで流し中。500円で買えるっていいなぁ。黎明に咲くアネモネが良い。

しかし、DL販売分は192kbpsのMP3だったので次回作以降はCD版がある内に買おうと思った。Wavデータで欲しかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

実家

諸事情で一日だけ実家に帰省。

だから何というわけでもないのだど。思い立ったので更新だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

日常シーン

44番街さんの記事を見て気になったのでTRPGにおける日常の演出について考えてみる。

まず、日常を演出する意図に関して箇条書きで羅列してみる。

  1. イベントが何もないことを表す
  2. 特殊な背景における日常を表すことでその状況orキャラクターの異常性を表す
  3. 各キャラクターの立場を明確にする
  4. 伏線を張る

1の場合、日常とはシナリオにおける静と動を考えた場合の静の部分である。こういった部分になにかの要素が加わることでイベントが発生し、シナリオが動き出す。通常存在しなくてもシナリオとして機能はするが、日常シーンをつけることによりシナリオにメリハリがつくといったメリットがある。ただし、冗長になりすぎるとグダグダになりやすいといったデメリットもある。

2の場合、有り体にいうならば異文化での日常、異常者の日常、PC,PLの常識とずれた日常に気がついてもらう場面などを表す。

3の場合、特に現代物において各キャラクターによって日常は違うはずであるから、その立場なりの日常を演じさせることにより、キャラクターの立場を明確化できるのではないかなとか考えてみたり。

4については書くことが思い浮かばないなぁ。

書いていく内にだんだん自信がなくなっていくのが判る文章だなぁ。

まぁこのようなことを考えた上で、日常の演出を印象づけるにはやはりメリハリだと思うのです。何もないシーンで引っ張ることにより急展開が急展開であるとの印象はつけられますし、何もないシーンに時間を割くことで、急展開によりなんでもないものが一瞬で崩れ去る様子を示す演出も映えると思います。

個人的に日常の変化を表すのに一番向いているのは食事のシーンだと思っていたり。

一緒に食事をするメンバーの違い、食べているものの違い、食べている場所の違い、そもそも食べるものがあるか、等、様々な段階に分けて平穏と緊迫、精神状況を追うことができます。生きている限り食事をしない日常なんてありませんし。

こうやって変化は付けられるけどこれってテンプレ的なのかな。自分では判断つかない。

んで、結局何が言いたかったんだっけ。

あぁ、日常では間を作ることが重要で、盛り上がらなくても良いんじゃないかなと思っている。それも日常ですし。盛り上がったら盛り上がったで楽しいですし。

ダブルクロスならロイス、朱鷺田ゲーなら縁故宿命といった形で日常に対する意識がデータ的にある程度把握できるのでそう言ったゲームは割と好きだったりします。

んでホントに何が言いたかったんだっけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に新ジャンル

なんかツボにはまってしまったんだ。

さすがシュールスレまとめwiki管理人様は目の付け所が違うぜ!

ということで、新ジャンル「スカートからイワシがはみ出ている」スレが素直シュールまとめwikiにあったので貼ってみる。

こういうシュールなの大好きだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

ネタがあろうと無かろうと

メンテでこのブログの管理画面を開けないと落ち着かないね。とりあえず何かかこうという衝動を発散させるのになんとなく。

テキストエディタでいいのかもしれないけど、管理画面が開かれていないと、更新するというモチベーションにならないからなぁ。

某Uに某ゲームの体験版が出たことを教えてもらって触ってみた。とりあえず起動時の音声を50回ほど確認してから体験版本編を始めた。

なんで15回目以降の特別音声の存在に気づいたんだよと言われた。

10回目まで変化があれば次の変化までに最低同じ回数だけ試すのは常識だと思ってた…。

内容については言うことは特になし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月24日 (火)

夏は暑くて病んでいてデレる

ヤンデレ川柳なるもの(情報元:徒然なる読書の日々出張版様)を見つけた.

このように程よく背筋が寒くなり涼しさを感じることができるヤンデレは夏に最適ですな.

まぁ,冬も吹き出す血がどくどくと暖かそうで素敵ですが.
個人的にうまいと思ったのが「既になき…」で始まる川柳.やはりダブルミーニングなものは好きなようです.

OGsのOG2が終わったのでOG2.5はスルーしてWA3始めました.主要4キャラの個別OPが終わったところで終了.ゲームは一日一時間!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シリアスを尋ねて三千里

TRPGでGMをやるにおいてなぜシナリオをシリアスにすることができないかということでギャグやネタシナリオになってしまう要因を考えてみた。

  1. GMデビューがエイプリルフールネタ
  2. 小ネタベースのシナリオ
  3. プレイヤーに書いてもらった一言ネタの組み合わせ
  4. 即興

いやまぁ小難しいこと並べてもネタが好きの一言で解決してしまいそうなのですがそれでは次に繋がらないので適当に考えてみようと思う。

まず1の事例について考えてみよう。これでその後の方向性を決定づけたかというとちと怪しい。ただ、PLの反応でウケが取れた部分もあり、自分の中でのセッション成功のイメージになっている面は否めない。

2については、GMとしての自分の照れの部分がでていると言うことができる。シリアスな展開を考えるに、TRPGは割と中二病的なものが出やすいので、その面が稚拙過ぎやしないか不安になっていく内に、そう言った面のネタの側面を強調しないと人に見せるのがどんどん億劫になっていく。やってられないときに酒を飲むようなものかもしれない。

3については、2と同様の理由で料理のしかたがコメディタッチになりやすい。シナリオ組む段階ではシリアスにしようとしていることもあるのだけれど。4月あたりに立てたときは組んだ段階ではシリアスのつもりだったと主張する。結果が伴わないけれども。

4は3に同じというかわざわざ挙げる理由がないね。

あと、ゲヘナに限って言えば、邪霊は人間を堕落させようとするんだよという世界観を意識するとなぜか人間を手のひらで転がして満足しているだけの邪霊様になってしまうんです。だからドッと疲れるネタになりやすいんです。世界観のせいです。ごめんなさい、自分のせいです。

プレイヤーならシリアスシナリオでもMP消費しないのにね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

生き死に

祖母が癌とか連絡が来た。

長くはない気はしていたが…いざそう言う連絡が来ると落ち着かないものがあるね。

8月の半ばには帰ると言ってあったのだが、それでも「後悔したくないなら日帰りでも良いから顔見せに来な」と言われた事を考えると相当悪いのだろうか。

覚悟はしておこう。

問題は日帰りだと新幹線確定な事だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

あれ

日曜日の18:30くらいから仮眠をとって起きたらこんな時間だった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

シナリオって

できないときはできないものだね。なんかアドリブ専になってきたなぁ。



というよりも、先日のダブルクロスのアレ、バロールののってるサプリが無いためにベガ様が作れないのが問題か。それでも何時かたてよう。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

夏の祭りねぇ。

周りでそれっぽい話もちらほらでているので今年の夏コミの予定なんかを考えてみる。

知人との打ち合わせで17日(金)と19日(日)に会場に行くことは決定済み。CD-ROM版のカタログも注文したから卓ゲ系はそれを見ながらカタログから適宜サイトに飛んで調べるとして、結局例年と似たような所を回ることになりそうだなぁと思ったら例年回っている同人ゲームやらCDやらのサークルが軒並み1日目に回っている様子。

ことしはサークル配置が今までと大分違うのかねぇ。三日目だと思っていたところが結構1日目に回っているように見える。

どちらにせよカタログが便利すぎるんでカタログ届くまでは適当にちらほら見てるだけかなぁ。28日発送らしいので座して待つか。

現時点で回る予定の所備忘録

巡回疲れたのでこの辺で。というよりいつも回っているところがまだ告知してなかったりでアレなのでやはりカタログを見てからか。卓ゲ系は1日目なのだろうか。今までだと上に挙げたサークルさんは大体三日目だったんだけどねぇ。全部。

さて、青春18切符を買うかどうかが問題だ。宿泊場所さえ用意できればこれより安い手段ってないからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

特別講義でみた資料と

全く同じ図がMMRに載ってて噴いた。久しぶりに読み返してみると面白すぎる、MMR。

それはそうと知人と話をしていたらWAシリーズがやりたくなってきたので積んである3とアルターコードFをOGsが終わり次第やろうかなぁと思ってみたり。

風矢氏がTRPG化したのを遊んでみた結果、世界観は好きなんだよなぁ。あとはクレストグラフで入れ替え可能な魔法とか。

そう言えばネウロアニメ化なのか。

以上脈絡の感じられない話題終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

今考えているシナリオ

システム:ダブルクロス2nd

今回思いついたネタがあったのでステージを考えてみた。
その名も

ステージ名:ストリートフ○イターII

ステージ専用Dロイス:殺意の波動への目覚め

ストリートフ○イターたるものはすべからくこのDロイスを持つ。
このDロイスを持つものはレネゲイドに関係なく超常的な力を行使しているが、侵食率が100%を越えると殺意の波動に目覚めるか、拳を極めたものになってしまう。

PC達は思い思いの理由から某Vの主催する格闘大会に参加することになるのだが…

いやシナリオなんて無いです。うん。PLに丸投げデスネ…いつものことか。

ボスデータさえ作れば普通にこれで遊べそうなのが怖いなぁ。
そして普通に再現できそうなキャラがダルシムとブランカくらいしか思い浮かばないんだがそのあたりはどうでも良いよね。うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だれか

ゲヘナ16~19ランクくらいで立ててくれないかなぁ。

レベル4には到達しないけどレベル3の術技二つもてるよ程度の強さでプレイヤやりたいわ。とか考えつつシナリオ考え中。

なんというか、普通に考えていても思い浮かぶのが「銀糸(笑)」とか「銀糸(?)」ばっかなのですが、どうしたものか。

小ネタはあるんだけどね…。


ガンスリの作者様のサイトでゲヘナ絵が描かれていた。良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

ですろり

先日書いた引籠世界の探偵事件簿と一緒にですろりの2章中程まで入っている、「~猫と少女と死~」を購入し、読了。

相変わらずのバイオレンス臭で引き続き読む人を選ぶなぁと思いつつ一気に読めた。

ただ、今のところ、体験版である一章を引っ張っていくキャラだった藤石ほどのパワーが、麻昼にみられないかなぁと。兆候のようなものはあるのだけれども。

ただ、底辺でかっこわるく泥沼であがき続ける人間の格好良さはこの作品にはずっとあると思えたので良かったかな。正気だからこその怖さってあるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管理というか

内容に関係なさそうなトラックバックとかコメントとかは適宜削除しているのだけれども。
コメントの場合の削除の基準が自分でよく分からなくなったような。添えられているURLが怪しいと判断したものは基本的に削除と言う方針で。

しかし、トラックバックの場合、トラックバックしてくる側のブログサービス運営者が記事の中身でなく広告を送り込んでくる場合もあるようで判断が難しいなぁとか思う今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

獄王顕現雑感再び。

旧版をろくに触ってないからかもしれないが、邪霊率にレベルがあるのが気になった。それに伴い、炎術を用いて邪霊率を解除できるというのが個人的には好きじゃないかな。

というのも、実害はないけれどもイヤな邪霊律を作り、堕落してでも回避したいと思わせる状況を作るのがマスターとして好きなので、それを満たすランク分のその炎術さえ取ってしまえば獄ならではの遊び方がやりにくいかな、というところが好きじゃない。データ的に決めてしまうのではなく、こういう獄があるよという紹介だけなら良かったと思うんだけどなぁ。逃げ道が首領級邪霊の邪霊律くらいしかなさそうだ。まぁ、これは解除できないよとマスターが言ってしまえばいいのだろうけど。個人的な邪霊律のイメージが、幽々白書のテリトリーをごっつくしたイメージなのが問題なのかもしれない。

難しいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

久しぶりに,アクセス解析

昨日の検索ワードを見てみたんだ.

昨日の一位は


水銀燈体育座り

ちょっとマテ…

googleでこのキーワードで一位だったのか,ここ.ほんとにおばかさぁ~ん.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダークファンタジー?

自分の中での定義は,シナリオそのものがダークとか言うことではなく,ダークな手段が日常的にまかり通っているファンタジー世界のことを指すと思っていた.だからコメディでもダークファンタジーたり得ると思っている.

という初期位置に基づくと,現実世界のリアルさをファンタジーに追加していくと,かなりの確率でダークファンタジーになるのではないかと思ってしまう.ある種の力が絶対的である背景ができてしまうとなおさらね.
曲がりなりにもそういった力を抑止しうる可能性のある法が基本になっている法治主義とは良くできたものだと思うと同時にそれを決定するのもまた力が大きく関わってくる事を考えると現実ってファンタジーだよねとか思いながら今日もファンタジーの世界に現実を.

思考にとりとめがあってたまるかー.

なんか変に真面目そうに書いている時って自分で自分に結論を求めてないときの様な気がするなぁ.ぐるぐる頭の中をいろいろなものが流れていくのが好きなだけで.

こういうときは,得てして文の始まりと内容がずれているよね.自分で整合性を求めてないからなんだろうなぁ.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

OGs

サウンドモードでラ・ギアスの風を聴いていたら懐かしくなって魔装機神やりたくなってきた.確かタイトル画面の曲だったよなぁこれ.SFC用のアダプタとRFスイッチorAVケーブルが欲しいなぁ.実家のはアダプタとRFスイッチが壊れてしまって使えないからなぁ.

現状OG1を途中で放置してOG2に切り替えて33話くらい.OG1はそのままだけどOG2は割と追加されているマップが多くてなかなかいい感じ.ところでOG2第1話ででてきた人たちは何時合流するのだろうか.

気長に進めますかね.ゆっくり.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

引き籠もりー

大分前に気になっているものとして書き込んだ事のある同人ゲーム,引籠世界の探偵事件簿ZEROを買ったのでやってみた.制作はこの作品の後にトミタケプリンセスをフリーでだした焼肉万歳様.

正直ネタ好きだから買ったことは否定しないのだけれども,このゲーム,ADVとして非常に良くできていると思う.捜査パートでキーワードを集めて,推理パートでそれらのキーワードの組み合わせを入力し,それによってシナリオが進む,説明してみると至極単純な作りなんだけれども.また,それに伴うBADENDのバリエーションがたくさんあるのも良かった.何十個あるんだこれ.

なんというか,主人公が引き籠もりならではのシステムと,見せ方がしっかりしているように思えた.なんか引き籠もりなのにこの主人公格好いいと思ったのは僕だけじゃないはず.

決着が付いたときの一枚絵で噴いたのも僕だけじゃないはず.うん.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

100rの世界(7/7セッションレポ)

サークル例会に顔を出したら,ジェイ・O氏にゲヘナ上級ルール獄王顕現を渡されて,「今夜立てて」といわれたのでマスターやりました.100ランクで.

いやぁ,色々ざっくりしてて楽しかった.神語術のイレイスのタイミング常時の能力抹消が色々やばいなぁとか,銘獄刀の牽制のダメージが60越えたりとか有り余る気力を用いた片手間の幻鏡低レベルのフェイクがひどかったり,銀糸炎術士は気力が自家発電できたり.

とりあえず,某上位邪霊の,8レベルまでの全ての魔術を強制力12,効果値12,or判定数24で使用は酷いと思った.まぁ,判定数が明記されるようになったので,神語術とか幻鏡術を行わせる時に実際にダイスを振れるようになったのは良い変更点かな.
んで,強さ評価値15以上のカウンター命中値表は実装まだですか?SNE様.

シナリオ自体はいつもの,PLに一言ずつ書いてもらってそれを元に即興でシナリオを作る形式.

本日の迷シーンダイジェスト
GM@ボス「神語術を使う.ギアスだ.強制力は…振るぞ?16で抵抗不可!俺の嫁になれ!」
PL1「イヤだwww抵抗不可かよ…幻鏡のフェイク!強制力は12なのでこちらが出目を任意に変更するぞ!全部1にしろ!」
GM@ボス「ちょwwwwwおまwwwwww術者は1時間痺れて動けないwwwwww」

まぁ,PLの方の提示した一言カードも相まって,変なシナリオになった.いつものことだが,GMやってシリアスなシナリオはなかなかできそうにない.うん.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

こんな時間か.

だらだらと起きていてふとテレビをつける.
早朝04時8分くらい.瀬戸の花嫁がやっていた.13話にして初見だが話が分からなくても楽しめはした.
そのままつけっぱなしにしてたらSchool Daysがやっていた.なんというか,ニコニコで散々元ゲームのBADENDムービーを見ていたため,このアニメがあまりに普通に学園恋愛ものしていたので逆にニヤニヤしてしまった.いや,微笑ましいですね.

でもこの放送時間だから定期的な視聴はしないだろうなぁ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

止マ病ミktkr

どうやら体験版ができたようで

時間かかっても良いから完成すると良いなぁ.

応援用バナーとかないのか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとかなるもの

人間必死になれば何とかなるものですね.

予想外に土日が空いてしまった.うん.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

なんとか

落ち着いてきた模様.締め切りに間に合わないことはもう無いな.
とはいっても油断はできないが.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

息抜きで

なんとなく見た動画(ニコニコ)がヒット.

ドラゴンボール世代直撃だね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

現実逃避

してる場合じゃないことに気がついた.とはいいつつも平日更新を続けるリズムは壊したくないのでこれだけ.OG2が色々追加されていていい感じなのでやりたいのだけれども.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

打ち上げの時に

カラオケにSIREN2のアレが入っていて噴いた.流石だな,DAM.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

例会キャンペーンオワタ

今回は初期PCが一人も無事ではないというキャンペーンでしたが.かくいう僕のPCもジャーム化しましたし.

まぁ,ある意味惨状とも言えるキャンペーンでしたが,参加者みんな楽しんでいた様に見えるし,自分も楽しんでいたわけで,この卓に参加して良かったと思えるキャンペーンでしたよ.

いろいろな意味で今回のセッションはお気に入りなので,クライマックスに臨む覚悟の段階から後日談にかけてちゃんとした形でまとめたいとは思っていますが.望んだものと切り捨てたもの,全ての非日常から隔絶された世界,どこか壊れた幸せの形,等々.

まだいろいろやらなければならないことが残っているのであくまで予定は未定.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »