« 生き死に | トップページ | 夏は暑くて病んでいてデレる »

2007年7月24日 (火)

シリアスを尋ねて三千里

TRPGでGMをやるにおいてなぜシナリオをシリアスにすることができないかということでギャグやネタシナリオになってしまう要因を考えてみた。

  1. GMデビューがエイプリルフールネタ
  2. 小ネタベースのシナリオ
  3. プレイヤーに書いてもらった一言ネタの組み合わせ
  4. 即興

いやまぁ小難しいこと並べてもネタが好きの一言で解決してしまいそうなのですがそれでは次に繋がらないので適当に考えてみようと思う。

まず1の事例について考えてみよう。これでその後の方向性を決定づけたかというとちと怪しい。ただ、PLの反応でウケが取れた部分もあり、自分の中でのセッション成功のイメージになっている面は否めない。

2については、GMとしての自分の照れの部分がでていると言うことができる。シリアスな展開を考えるに、TRPGは割と中二病的なものが出やすいので、その面が稚拙過ぎやしないか不安になっていく内に、そう言った面のネタの側面を強調しないと人に見せるのがどんどん億劫になっていく。やってられないときに酒を飲むようなものかもしれない。

3については、2と同様の理由で料理のしかたがコメディタッチになりやすい。シナリオ組む段階ではシリアスにしようとしていることもあるのだけれど。4月あたりに立てたときは組んだ段階ではシリアスのつもりだったと主張する。結果が伴わないけれども。

4は3に同じというかわざわざ挙げる理由がないね。

あと、ゲヘナに限って言えば、邪霊は人間を堕落させようとするんだよという世界観を意識するとなぜか人間を手のひらで転がして満足しているだけの邪霊様になってしまうんです。だからドッと疲れるネタになりやすいんです。世界観のせいです。ごめんなさい、自分のせいです。

プレイヤーならシリアスシナリオでもMP消費しないのにね。

|

« 生き死に | トップページ | 夏は暑くて病んでいてデレる »

コメント

まず、GM本人が「シリアスにしたい!」と思っているのかどうかが重要なんでは。
「シリアスシナリオができない人がダメ」なんてことはないわけだし。私から見ればギャグやネタで人を笑わせられるGMはすげーなーと思えるし。

投稿: 地蔵薬師 | 2007年7月24日 (火) 02時50分

>まず、GM本人が「シリアスにしたい!」と思っているのかどうかが重要なんでは。

まぁ、これですよね。
最初そう思っていても、目の前に釣り糸が垂れていると容易に揺らいでしまう状態ではまず最初のシリアスにしたい度合いが足りないと言うことが。

自分に無いものを持っている人は凄いと思いますよね。

投稿: ます | 2007年7月24日 (火) 03時12分

PL と PC を明確に分ければある程度シリアスになりそうなものだが.

投稿: rero | 2007年7月26日 (木) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/15861540

この記事へのトラックバック一覧です: シリアスを尋ねて三千里:

« 生き死に | トップページ | 夏は暑くて病んでいてデレる »