« 管理というか | トップページ | だれか »

2007年7月16日 (月)

ですろり

先日書いた引籠世界の探偵事件簿と一緒にですろりの2章中程まで入っている、「~猫と少女と死~」を購入し、読了。

相変わらずのバイオレンス臭で引き続き読む人を選ぶなぁと思いつつ一気に読めた。

ただ、今のところ、体験版である一章を引っ張っていくキャラだった藤石ほどのパワーが、麻昼にみられないかなぁと。兆候のようなものはあるのだけれども。

ただ、底辺でかっこわるく泥沼であがき続ける人間の格好良さはこの作品にはずっとあると思えたので良かったかな。正気だからこその怖さってあるよね。

|

« 管理というか | トップページ | だれか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/15779089

この記事へのトラックバック一覧です: ですろり:

« 管理というか | トップページ | だれか »