« 引き籠もられる | トップページ | やっちまったぜも名セリフだとおもう »

2007年10月 5日 (金)

プレイ傾向のような何か

TRPGにおいて、僕は弱いキャラクターが好きだ。
どういうシナリオ傾向が好きか考えてみた。

いわゆる日常を体現するキャラクターの立場に立って間接的にいろいろなモノを動かすシナリオが好きである。

少年漫画で例示するなら、武装錬金の、ドクトルバタフライが学校に攻めてくるシーンでの六桝、岡倉、大浜が放送室を奪還しカズキ達の士気を高め全校生徒を味方に付ける場面である。

そして、好きなシステム傾向はこの時の三バカをプレイヤーとしてできるようなシステムが好きだ。他のPCは武藤カズキのようなものも出来てPC間格差が許容されるような。そして三バカのような一般人にはブレイクスルー要素は似合わないと思うのですよ。

だから深淵とかいうとホイホイ参加しちゃうんだろうな。

あと、キャラクターに何らかの形の束縛がついている方が自由に動きやすいと感じるかな。縁故だとかロイスだとか信条だとか。人間関係に縛られ、アラインメントに縛られ、立場に縛られる。縛られたからこそキャラクターの個性が浮き彫りになり、生き生きと動き出す。

ダンジョン系に関しては技能やアイテム、魔法の説明をよんで想像力が膨らませられるのがよいね。

以上まとまり次第追記するかも。

|

« 引き籠もられる | トップページ | やっちまったぜも名セリフだとおもう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/16664439

この記事へのトラックバック一覧です: プレイ傾向のような何か:

« 引き籠もられる | トップページ | やっちまったぜも名セリフだとおもう »