« たびたび紹介した記憶があるが | トップページ | いまになって »

2008年2月21日 (木)

メガテンXサプリ:闇のプロファイルが届いた

流し読み雑感。

クラスシステム2.0
基本システムだけでも運用できなくはないが、選択可能なスキル等のデータに抜けがあるため読んでいると他の既存サプリが欲しくなる。
運用は重くなりそうなので昼間の例会では使わないかな。深夜卓をやるときに試してみよう。

上級職
コミュレベルと現在のクラスそのものが条件となり、必要条件を満たせば転職できるようだ。やっぱりキャンペーンとかじゃないと使いづらそうだ。

マスター支援
シナリオ構造表を振ってPC達の初期状態を決める。さらに、絆ルールを用いて、物語の絆(サベッジサイエンスの進行度みたいなものと認識)と破滅の絆(サベッジサイエンスの不信度みたいなものと認識)をシーン毎に内容に応じてあげていき進めると言った内容のようだ。サベッジサイエンスで例示をしてはみたが読んでいて少しダブルクロスを思い出した。

同時に掲載されているシナリオテンプレートと組み合わせて使えば即興で何度も遊ぶ分には非常に使いやすそう。

ヒーホー
相変わらずヒーホーは極めても特に優遇される要素はなさそうである。
しかし、シナリオアイデア集にあるヒーホー絡みのネタはそれだけでシナリオと呼べる出来だと思うので是非とも立ててみたいものだ。

さて、5月までには他のサプリを…買うか。

|

« たびたび紹介した記憶があるが | トップページ | いまになって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/40208199

この記事へのトラックバック一覧です: メガテンXサプリ:闇のプロファイルが届いた:

« たびたび紹介した記憶があるが | トップページ | いまになって »