« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

久しぶりに世界樹2

ブシドーブシドー二人旅やってます。

現状第一層を越した辺りで。

現状の感想として

  • 月影必須
  • 全体攻撃必須
  • TP足りない
  • アイテム足りない

何が一番つらいかってアイテムの種類の少なさですね。

ブシドー二人限定なのでアイテムポイントでアイテムを収集する技術が採掘しかなく、3層までメディカIIが店頭に並ばないことがつらい。基本的に回復はメディカIとネクタルIのみ。

また、耐○ミスト系も基本的に店頭に並ばない、エンカウント率操作アイテムも並ばない、ダメージ床軽減も並ばないので相当きつくなりそう。

基本的に無理してFOE倒して一段階上の装備をとって、ボスの腕を縛ってごり押し運ゲーのパターンになるかな。しかし、バーロー様とジャガーが倒せる未来が見えない。

さてどこまでやれるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

CRUCIS FATAL+FAKEが届いたので

適当に触ってみた。

なんかワイド用解像度に対応しているらしくウィンドウモードで試してみたところ横方向の表示領域が伸びてなかなか素敵に。ワイド用ディスプレイが欲しくなるね。そんな予算無いけど!

コンボゲーかと思いきや着地硬直長かったり、ジャンプキャンセルなんかのあるキャラクターが限られていたり、コンボにしてもそこまでダメージが伸びるわけではないので実際やってみるとコンボゲーっぽくない。コンセプトは違うんだろうけどなんとなく速いサムスピという印象を受けた。冷静に考えると全然違うけど。

軽く触った感じでは簡単なコンボと差し合い、マスターサーヴァント切り替えによるサーヴァントの体力自然回復を駆使して如何にマスターのダメージを食らう機会を抑えつつサーヴァントで立ち回るか、といった感じのゲームになっている気がする。

例によってそれなりに遊んでみないとどういう感じになるかはわからないんだけど。

タッグバトルならではの交代攻撃の演出が良い。

同人ゲーにしてはめずらしくマスターは削り攻撃でも倒れるので相手のキャラクターが攻撃範囲の広い技でマスターを巻き込みにかかれるだけのゲージをストックしているときはかなり恐怖。

軸移動意識しないと遠距離っぽいキャラ相手にするときは無駄にダメージ食らうのが3Dらしい。ダメージはもとよりそれでゲージが溜まるというのが地味に効く。

書きたいこともよくわからなくなってきたので地味に隠し要素っぽいものについて折り畳み

続きを読む "CRUCIS FATAL+FAKEが届いたので"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく復旧

丸6日ほどして交換のDSLモデムが届く。

…ネット環境ってすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

レンタルオンリーだと不便だなぁ

DSLモデムが死んだようだ。

まあ僕がやらなきゃならないことは基本どこでもできるようにしているので実害はあまりないのだが。

…ネット対戦とIRCが自宅でできないのは実害か。大学から堂々とゲームやるのは気が退けるしなぁ。

早いうちにサポートから返信きて欲しいものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

本日の妄想

メガテンTRPG覚醒篇改造版をやることがあったとしてのキャラ妄想。メガテンXじゃ無理なんですよ。

とりあえず以下に要件を書いてみる。ある元ネタ再現ネタですよ。
再現の最低条件
覚醒段階III Lv20

  • ウェポンマスタリー斧1以上
  • 投擲術3以上。できれば6以上
  • 魔界魔法火炎系?3以上
  • 魔界魔法移動系3

上記リストが何に対応するかは折り畳みで。

続きを読む "本日の妄想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

よくよく考えなくても

研究とかやることは多いんだなぁということを再確認.そろそろ危機感を覚えないとなぁ.

というか英論文読む速度上げないと….

他人の書いた英語なんかきらいだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

とっぱらやり忘れ発見

コンプしたとおもって油断してたよ!

続きを読む "とっぱらやり忘れ発見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

10月4日は天子の日ですね!

そして10月5日はてんこの日な訳です.素晴らしい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »