« これはきたかもわからんね | トップページ | スティック復帰 »

2009年7月 7日 (火)

10分でTRPG

六月某日,サークルの知人とで6人くらいでひぐらしデイブレイク改をやっていたときのこと.

四人対戦なので二人あまりが出るし,人によってキーコンフィグが違うので5~10戦くらい適当に続けてから入れ替えとかやってたわけで待ち時間ができるわけです.そこで

「待ってる間TRPGやろうぜ!5分シナリオで!」

と言われたわけです.

…ここで面白そうと思ってしまったからにはやらねばならなかったわけです.

「5分時間をくれ.システムとシナリオ作るから」

かくして10分でTRPGを遊ぶことになったわけです.

そこで遊ぶことになったシステムは

  • 能力値は【得意】【普通】【苦手】の三種類
  • 判定は対象(主にGM)とじゃんけん一発勝負
  • 【得意】なら あいこ 勝利 で成功 負け で失敗
  • 【普通】なら 勝利 で成功, あいこ は部分的成功 負け で失敗
  • 【苦手】なら 勝利 で成功, その他 で負け
  • 対決する場合も,自分の方が能力値が有利な方からの視点で 【得意】 を適用
  • 能力値の種類はPLに任せた(筋力 体力 器用さ 魅力 知力 運辺りだった気がする)
  • 能力値の総計は特に制限ナシ

といった感じのルールを即興で作り,キャラ作して貰う.シナリオは文化祭中に買い出しを頼まれた新米部員を演じて貰うシナリオだったかな.結果としては部員勧誘をしているDQNに喧嘩を売ってしまい買い出しをせずに部室まで戻ってしまう怒られEDに.

楽しかったが,TRPGをしていると言うよりは漫才をやっている気分に.時間の制限とかも必要以上に気にしたというかそれがネタになってくるしPL含め強引に時間に収めようとしてたしね.

遊べる遊べないで言うと,遊べる部類だとは思うが,PL人数は多くて二人までな気はする.キャラクターシートとかメモとかなしでフィーリングで語り合うだけだしね.あとはそのヤケクソなノリについて行けるというかノリを生み出すテンションが参加者全員に要求される.考えてはダメな,まさに,「考えるな,感じろ」的なゲーム.

カジュアルな内輪メンバーでやるならともかく,サークルのイベントなんかで外部の方に向けてやるものじゃないなとは思ったかな.まぎれもなくこれもRPGだ,とは思うんだけど.

|

« これはきたかもわからんね | トップページ | スティック復帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/45561436

この記事へのトラックバック一覧です: 10分でTRPG:

« これはきたかもわからんね | トップページ | スティック復帰 »