« 天候不順のせいか | トップページ | アーモロードの冒険者に捧ぐ質問集回答 »

2010年5月 5日 (水)

六層ボス介錯ポイントなど

以前の攻略が大分乱雑だったので整理。

第二形態の行動をまとめると以下のようになります。

  1. 防御形態、構える(物理カウンター)
  2. 構える(魔法カウンター)
  3. 全体攻撃
  4. 構える(すべてに全体状態異常でカウンター)
  5. 回復
  6. ターン遅めから攻撃形態に変化、全体ランダム強化打ち消し
  7. スタン全体攻撃物理
  8. 単体大ダメージ
  9. 炎全体
  10. 氷全体
  11. 雷全体
  12. 防御形態に移行、回復

こちらのパーティーの構成は

  • Lv76 プリンセス/ウォリアー

HP464 号令、ウルフハウル要員

  • Lv99 ファランクス/シノビ

HP796 属性ガード、ディバイドガード、オーバーガード要員。ガーディアンと潜伏が10でラインガード5があればレベルはそんなに要らない。

  • Lv62 プリンセス/ショーグン

HP359 大武辺者10、介錯5、血染めの朱槍10、一騎当千10と属性8スロ埋め真竜か天羽々斬さえあればおk。レベルが低い場合は必中ゴーグル必要

  • Lv73 ゾディアック/ウォリアー

HP306 単体術式Lv10、特異点Lv5、エーテルマスター19、エーテル圧縮あれば良いです。

  • Lv99 シノビ/モンク

HP356 ヒール4、ラインヒール1、雲隠10、招鳥、分身、潜伏10、影縫い、リザレクト1。倒れたキャラを属性ガードに先行してHP1で復活させ介錯を誘発させるパーティーの要。自分のHPを雲隠れで調節して自ら介錯の対象になったり忙しい。

プリ/ウォリとゾディ/ウォリはLv50程度から禍神に挑んでいるのである程度行けます。

HP満タンで挑むと仮定します。

このパーティーにおける被介錯要員はプリ/ウォリとゾディ/ウォリ、所によりシノビ/モンク。

基本的に耐壊アクセサリを二つ装備させて挑む。

まず、1の、構える(物理カウンター)にはプリ/ウォリが攻撃をしてHPを220前後まで減らします。

2の、防御形態、構える(魔法カウンター)にはゾディが攻撃をしてHPを145前後まで減らします。

3の全体突攻撃に対しては、プリ/ウォリは普通にガード、ゾディ/ウォリが禍神を攻撃し、ファランクスがゾディ/ウォリの居る後衛に対してラインガードをすることでどちらのHPも介錯圏内に突入します。倒れる場合は残る一つの防具で調節します。
このとき、シノビがちょうど後列で雲隠れを行い、この攻撃を避けきれないと同時に介錯圏内に突入します。

運が良ければ1ループ目の防御体系時に4回の介錯を誘発できます。ここで、第一形態を倒したのと含めて最大五回の血染が誘発されます。
運悪くここで介錯しそこねたPCに対し、招鳥をかけておくことにより、行動6の全体ランダム壊攻撃で介錯圏内でのHP変動を誘発し介錯を起こすことができます。

7の全体斬攻撃で介錯を誘発させるのはこの前提では難しいのでイージスの護りで防ぐ。介錯もイージスで無効化されます。壊耐性ではなく斬耐性で固めた場合はここで介錯を狙えます。その場合は前のターンでイージスを。

8の単体超ダメージは、HPが一番低い対象を狙ってくるのでオーバーガードで介錯誘発を狙えます。

9~11の全体属性攻撃はファラの属性ガードより速く蘇生のできるシノビを用意することで1ターンあたり2回の介錯を誘発できます。このときシノビに介錯が発動しないように前もってHPを回復して、分身をキープしつつ二人で先行リザをできる状態を確保しておきます。

理想的に進めば1ループ終了時で12回の血染(介錯11)を誘発できる。
イージスがそのターンに生き返らせた対象にはかからない性質だとかそう言うのを加味しているので12回が現実的に狙える最大ラインだと考えます。

2ループ目は介錯対象キャラは全員HP1と考えられるので、行動1や行動2の時にはカウンターを狙わず、前列のプリ/ウォリにはヒーリングでHP220前後にし、後列のゾディ/ウォリにはラインヒールでHP150前後にすることで3のターンに同様の介錯対象HPを保つことができます。介錯回数が足りないならシノビも介錯対象HPになるように分身や雲隠れ、ヒーリング系統で調節します。

その後単体超ダメージまではプリ/ウォリかゾディ/ウォリのどちらか片方だけが生きてる状態を確保し、単体超ダメージ時のオーバーガードで介錯を狙います。

安定狙いならシノビの介錯は発動しないようにしても9回の介錯チャンスを見込めます。

計20回のチャンスの内6割介錯発動で12回の介錯、第一形態時のフィニッシュと併せて13回の血染を2ループの間に狙える為、攻撃力が約六倍になります。

一騎当千の攻撃力がSTR80程度の真竜の剣属性8スロ付き、大武辺者10、ブレイバント、攻撃の号令10で一発あたり10k越え、天羽々斬なら15kを超えるため、リミットと併せて追撃すれば外れない限り確実に1ターンで落とせます。

ただし、シノビが速いために、ほぼ確実にボスの行動前に15k以上のHPを削ってしまう為、ターン途中の防御形態への移行を誘発してしまう為、攻撃に入る前にシノビには殿軍の誉れをかけておきましょう。

ウォリアー/ショーグンなら常在があり、大武辺者の代わりに狂戦士の誓いが使えるので一発あたり20kを超えるんじゃないでしょうか。

|

« 天候不順のせいか | トップページ | アーモロードの冒険者に捧ぐ質問集回答 »

コメント

う~ん、緻密に酷いことをやっている。
ウチの大雑把な攻略とは大違いだw

投稿: s/t | 2010年5月 5日 (水) 23時08分

最初はこんな酷い子じゃなかったのにね。

どうしてもランダム行動で属性全体で来られたらなすすべがないのでパーフェクトな介錯プランかっこわらいを練らざるを得なかったのが実情ですが。

しかし、介錯できる箇所を整理したらかなり安定するようになりました。介錯7回から普通に勝てるラインです。多少の食べ残しはクイックオーダー+素殴り、先陣込みで防御形態時にも一騎でどうにでもなりますし。

投稿: ます | 2010年5月 5日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/48275584

この記事へのトラックバック一覧です: 六層ボス介錯ポイントなど:

« 天候不順のせいか | トップページ | アーモロードの冒険者に捧ぐ質問集回答 »