« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月21日 (月)

まさかのDLC

BBCSはDLCでの追加キャラがいるみたいですね(ソース:今井麻美のSSG)。
前作でのDLCというと全アンリミキャラが開放とかありましたが、爆弾発言と言ってる当たりそちらとは違うのかなと希望的観測。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

BBCS発売に備えて

というより、ウイルススキャン中なので作業がやりにくいのでBLAZBLUEのストーリーモード再プレイ。

しかし、ラグナとの掛け合いとか声含めて可愛いと感じるのは間違いなくノエルなんだが、レイチェルが自分の中でシュタゲの牧瀬紅莉栖とヒロイン的意味合いを除いた立ち位置が重なって見えてきてレイチェル派に移行しそう。多くにおいて重なってるとは思わないけど。

まぁそうでなくても、レイチェル編の最後にラグナと戦うルートを見ての変化というと、わかる人はわかりそうな気はする。上手く言語化できないが。TRPGの深淵に魅力を感じている理由にも近い。

……深淵のシステムを改造してBBTRPGとかいいかもしれないなぁ。まぁ深淵の魔族に相当するだけのNPCを用意できないけど!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

まもって騎士とか

240pほどゲイツポイントが余っていたのでまもって騎士を購入。

体験版を落として起動した瞬間もう購入決定。ファミコン世代には懐かしい光景です。

ゲームの方は、ファイター、メイジ、アマゾン、ニンジャ4つの職業から一つ選び、わらわらと敵が沸いてくるステージにバリケードを張り、敵を掃討し、姫様を安全な場所へ移動させたりしながらボスを倒すまで姫が生きていれば面クリアというシステム。

初見プレイだとイージーでも一人では手一杯なんじゃないかというか二人プレイでちょうど良い感じでした。なんというかはじめは移動の邪魔に感じた姫様がクリアする頃には可愛くなってくるというか、もうね。ドラゴンの通り道から必死に姫を押して避難させつつもう一人が魔法を打ち込んで削り、空いた時間でバリケード修復とか複数人でやって楽しいゲームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

聖遺物ったーやってみた

結果。

Seiibutsu

ma-sの聖遺物は『極大火砲・狩猟の魔王(デア・フライシュッツェ・ザミエル)で形成位階まではいけます』 http://shindanmaker.com/25425

魔弾ですね。

そもそもこれって聖遺物?と思ったら某Dies iraeネタのようで。そちらは触ってないのでよくわかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

大正とか

久しぶりに幻影博覧会を読み直して、あぁ、こういうのが好きなんだなと嗜好を再確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなまる

某氏に紹介されたキグルミ惑星がおもいっきりプログレしてたのでアルバムを注文。

これ以外がこんな曲になってるとは期待しないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

やっとでた

ダイマオウイカ、やっとでた。手強いラスボスだった。ダイマオウの名にふさわしい。これでようやくクリアか。

……しかし色んな人の言う物欲センサー内蔵という話はかなり真理を突いている気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

眠れないので

先週チェックしたものとか雑記とか。

  • ニコ動

この発想は好きだ。

  • プラナス2巻

キツネ仮面。
ツッコミのテンポが好きなコメディー。今後も買い続けるでしょう。出てくるキャラみんな好き。

  • 少女素数

基本的に可愛いのだが、この世界のほぼすべてか彼女たちに対して肯定的に見えると某氏から言われてしまうとその辺りがだんだん気になってきてしまう。精神状態によって凄く癒されたりなんとなく気持ち悪く感じたりの差が激しいので、こういうのを求めてる精神状態になったときに続刊が出ていれば買うでしょう。好きだけど自分にとっての立ち位置が微妙に。

  • スパ4

同時押しボタンに使わない指の腹が当たってしまうのをどうにか矯正しないと。相手の昇竜すかしておもむろに必勝無頼拳撃とうとして挑発伝説とかひどく申し訳なく思ってしまう。しかし、逃げ断空客と同様に逃げ空中挑発が使いやすい気がする。ダン同キャラでしかやらないけど。

  • ダイマオウイカ

でない。

  • 例会キャンペーン

やりたいネタとして用意したものをどのような形でアクセス可能にするかは悩む。

さて疲れてるけど眠くないのをどうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »