« 実家にて | トップページ | 新年 »

2010年12月31日 (金)

C79関連

備忘録として大阪に戻るときに購入するものリスト

印象深かったことなど

今回の新作ではないですが、唐沢探検隊のえらいひとが言ったように、かるーあみるくの花蝶風月を読んでみて、ねみぎさんは天才だと思いました。いろんな意味で。もう。

吉成デザインワークス(はちのこの里)を読んで、あぁ、なるほど、パンストのコンセプトアートや美術設定だったり、ヴァルキリープロファイルのキャラデザだったりといったことが納得できるようなラフ集だったりで満足。

ブランコ紳士さんの悲喜交々を購入しに行き、例大祭の時の既刊も確保できた件。サンプルの充実ぶりについて突っ込んでみたら絵師さんの人柄の良さが滲み出ていて今後も贔屓にしたいサークルでした。

ですろり~イノチ乞い編~を求めて機械式少女さんのスペースへ行き、のぼりも配布しているものだと知ったこと。一瞬心が動いたが、まぁ、置く場所ないよね!

ゴロー屋にいた生のゴローさんがなんとなくしょんぼりして見えたこと。頒布されてたものを購入していた友人が握手して貰ってたが、後になって、「よくよく考えたらAV男優に握手して貰って喜んでるって微妙じゃね?」と言って微妙な顔をしていたこと。触手に貴賤はありません!

ヒラコーが以下略。の平野さんにそっくりだったこと。隣のブースの地獄のミサワは目撃できなかったのが残念。

しかし、頒布物を購入しないとブースで過去作の感想とかいいづらいので行った時点で完売してたサークルさんにはあまり絡めなかったなぁ。予算の都合で音系もゲーム系もあまり回らなかったし。早めに定期収入は確保したいところです。

TRPG系?としてはジャイアントアレージ(EJIN研究所)のルールブックを二冊確保。ビッグオー的な要素を加えたエムブリオマシン?とりあえず、GM要らない系のルールでボードゲーム的であるとのこと。ロールプレイをしないとあまり時間がかからない、が、ロールプレイをした方がこの手のバカバカしいバックグラウンドがあるゲームは断然愉しそうではあるね。

PCは弁護士ということで、ランダム被告表/原告表、事件表に対してどっちに味方するか、他の弁護士に襲撃をするとか、一人の勢力には検事さんが味方で入ったりとかまぁ、バカバカしくPvPを楽しむシステムなようです。

|

« 実家にて | トップページ | 新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/50453572

この記事へのトラックバック一覧です: C79関連:

« 実家にて | トップページ | 新年 »