« BDFFと時と永遠 | トップページ | »

2012年10月28日 (日)

DX3rdエフェクトアーカイブ感想

プランナーさんあざとい!

データの方としては武器攻撃力アップ系のエフェクト強化はオーバーロード愛好家にとってはありがたい修正ですね。

エンハイピュアが白兵にマスヴィジョンを組もうと思ったら選択肢が隠密専用エフェクトしかなくなったのが趣味の観点からは少し悲しいですね。光速の剣は以前は使いやすかったのでまぁ、仕方ない変更点かとは思いますが。

拡散する世界の、メジャーアクション、対象自分のエフェクトをシーン化はエラッタかなぁと。申し子のセレリティが対象になってしまい、シーン化は効果が大きいのはともかく処理が面倒過ぎる感じですし。

追加ルールのメモリーは単発卓だとロールプレイ上使いにくそうな印象。世界観やシナリオ的にも、さらにはルール的には固定化したロイスさえ容易にタイタスになりうるわけで、それを超えた関係性の表現となると、時間が欲しい感じ。

面白いとは思うのだけどね。キャンペーンでやりたいね。

|

« BDFFと時と永遠 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117147/55986394

この記事へのトラックバック一覧です: DX3rdエフェクトアーカイブ感想:

« BDFFと時と永遠 | トップページ | »