2013年7月 1日 (月)

今週の没キャラ

探偵事務所所属のキャラで『○○探偵』と呼ばれるようなキャラを作るという話になったので浮かんだ言霊:魚市場のホームズ

……どう考えてもPCというよりはGMやったときにNPCで使いたいキャラだ。「魚市場のホームズとは俺の事よ」「ネタはもう上がっているんだよ、寿司だけにな!」とか言ったりする大分オヤジギャグの入った人の良いおっちゃん系。すごく楽しそうなんだけど一セッション丸々扱う前にお腹いっぱいになっちゃう系。

使うことはなさそうなのでここで出しておいて供養。さらば、魚市場のホームズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

DX3rdエフェクトアーカイブ感想

プランナーさんあざとい!

データの方としては武器攻撃力アップ系のエフェクト強化はオーバーロード愛好家にとってはありがたい修正ですね。

エンハイピュアが白兵にマスヴィジョンを組もうと思ったら選択肢が隠密専用エフェクトしかなくなったのが趣味の観点からは少し悲しいですね。光速の剣は以前は使いやすかったのでまぁ、仕方ない変更点かとは思いますが。

拡散する世界の、メジャーアクション、対象自分のエフェクトをシーン化はエラッタかなぁと。申し子のセレリティが対象になってしまい、シーン化は効果が大きいのはともかく処理が面倒過ぎる感じですし。

追加ルールのメモリーは単発卓だとロールプレイ上使いにくそうな印象。世界観やシナリオ的にも、さらにはルール的には固定化したロイスさえ容易にタイタスになりうるわけで、それを超えた関係性の表現となると、時間が欲しい感じ。

面白いとは思うのだけどね。キャンペーンでやりたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

いつもの

いつものクオリティ通りで安心しました。全裸大雑把SW2.0最終回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

ジャイアントアレージやってみた

と言うことでタイトルの通りドキドキロボ裁判RPGジャイアントアレージを遊んでみました。

マスター不要、PvPメインの謳い文句通り、原告と被告が何に対してどのような争点で訴えたかがランダムで決まります。依頼人の持っている予算も含めて。この後にランダムで裁判で使用する巨大ロボの形態と武装をランダムで決め、各プレイヤーが機体のコストを決め、機体の能力値に割り振るだけの簡単機体作成。

機体が出来たら今度はPCを作成します。ランダムチャートで二つ名を決め、能力値を三つ割り振るだけの簡単作業。その後で、原告と被告を演じるPL(自キャラと兼任)を決定し、ルールブックに書かれている流れに応じてシナリオ開始。原告や被告人を演じるPLには事件の詳細をでっち上げる権利があります。

ちなみに今回は、「原告は息子に対し、家の所有権を争点として訴える」といった内容でした。なかなか現実味があって嫌な争点だw

原告がジャッジメント衛星に対し訴えるシーンで始まり、PCである弁護士の登場シーン、弁護士が揃ったところで被告人が自らの正当性を主張するシーンなどほぼアドリブでそれっぽくやりやすいのはこういう設定からギャグのノリをしやすいシステムの特権か。

原告や被告のどちらに正当性を感じるかで自キャラのロールプレイからはこっちだというキャラの弁護に回ろうと思ってもついて回るのがコストと予算の問題、そんなときは他の弁護士に闇討ちをしかけて機体を交換することもできます。

闇討ちまで終わった後で実際の裁判(戦闘シーン)に入ります。

能力値個数のダイスを振った出目の中の1の個数で対決をしていきます。防御の能力値のが大きくなりやすいのですが、防御に成功しても削りダメージが発生します。防御の能力値は現在の耐久力でもあるので、いつかはこれを繰り返すと均衡がくずれます。防御に失敗すると一瞬で死にます。

対戦ゲーとして見ると、使用回数制限のある武装を用いた暴力的な判定数の攻撃を如何に捌くか、もしくはいつ使うかといったゲームに思えます。まぁ判定方法からして運の要素がものすごく強いので狙い通りにいくかどうかは凄く微妙ではあるのですが。

あとは、戦闘の場に出ないことで、終わった後に異議ありという権利があるので、その辺りのコスト管理とかも色々できそうですね。

実プレイではコストの都合上こうとしか組めないようにキレイに分かれてしまったため戦略云々よりはロールプレイの方で色々遊んでいました。

ここまでやって1ゲームプレイするのに二時間半ほど。飲みながら軽くやるのによさそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

宣言通り

サークルの方の例会キャンペーンでGMをやっている真・女神転生TRPG覚醒篇改造版卓、ボスデータをLv90で作っているのですが、強いですね、Lv90。色んな意味で。流石Lv90。特殊ルールを使っているので十分太刀打ちできるようにはしてあるのですが。

しかしインフレデータは性に合わないなぁ。まぁしばらくはこれっきりと言うことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

全三話キャンペーンとなると

やりたい事の整理が必要なわけで、やりたい事を整理するという事はやりたかった事を切り捨てるという事で。

そのための調べものをしていたら別の方向のやりたい事が出てきたのでそっちにしました的な内容で告知。

前回と違って割と具体的な最終回のビジョンがあるのでまぁ何とかなるでしょう。三話でも。まぁシステムはメガテンで世界観もメガテン的なつもりですが、大勢としてLNCに分かれるよ的なものではなく、YESorNO的な感じのつもりではありますが。

しかし、TRPGメガテン的な覚醒イベントとかは全然考えてなかったり。キャラの成長が目的と言うより如何に進むかが見たいだけなんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

この時期になると

怪伝みたいな少年成長譚的なシナリオやりたくなるけどそれに引きずられると遊べるシナリオにならないのが悩みどころ。キャラクターの成長を描きたいけどキャラクターを演じるのは他のPLだし、それを押しつけたら吟遊になってしまうし。最悪合宿初日にシナリオ完成させてもいいんだがうーむ。まとまらんね。

夏休み設定だとボーイミーツガール的なものとか学園もの的なものとか妖怪的なものとか伝奇的なものと相性がいいとは思うんだけど、下地になるものが自分の中に少ない感じか。悩ましい。このままだといつものように面白クリーチャーだけだして終わりになりかねない。いつも通りとも言うが。

ネタ出しがうまくいきそうなら某断裁分離っぽい舞台でも用意して半マスカレかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

没シナリオへのレクイエムその1

システムはメガテンで。その1とあるが今後やるかはネタ次第。

敗因:
ダメなボスと某ネトゲをプレイした人しかにやりとできなさそうな感が強かったのをプレゼン前に自覚してしまったために訴求力が十分に発揮できなかったことか。

以下簡単に説明。

続きを読む "没シナリオへのレクイエムその1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

先週の名言

先週はサークル例会でクトゥルフダークエイジに参加したですよ。舞台は東ローマ帝国滅亡直後のハンガリー設定の。

攻め込んできたメフメトII世を追い返す時に、倒れたメフメトが異形となって起きあがってきたときの将軍(GM)の一言

「メフメトが第二形態になったか」

将軍のSAN値は大丈夫なのかとかそう言うツッコミは抜きにして妙にみんなしてツボにはまってしまい進行が中断するほどの出来事でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

明日は

世界樹SRSを立てたいところではあるけどエイプリルフールネタは世界樹ベースでは思い浮かばないのが悩みどころ。

……あったじゃないか、世界樹絡みのエイプリルフールネタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)